2021年08月08日

「災難・苦難・苦労」は、それまでの価値観を大きく変えてくれる。

こんにちは、

セミリタイア研究家


これまでのエスカルジュニアの生活の中で、価値観が大きく変化しているのは、
・脱サラ・独立起業時
・東日本大震災
・コロナ

これらは、生活全般・生き方を見直す大きな節目となりました。
価値観が大きく変わったきっかけは、災難・苦難・苦労といえます。

考えてみると、これまで、大きなもの(社会レベル)から小さなもの(個人レベル)まで様々な災難・苦難・苦労を経験してきました。
それらの災難・苦難・苦労は、身の危険が伴う厳しいものから所有物に関わる緩やかなものまで多種多様。

これまでの人生において、比較的リスクをとって生きてきたため、その分、災難・苦難・苦労も割と多めでした。

人生のデフォルトは、「四苦八苦」
それに対して、何とか、日々、気を紛らわせながらやり過ごしていくのが人生なのでは・・・。
やり過ごしている中で稀に現れる大きな災難・苦難・苦労。
これらが、これまでの生き方を本気で変えさせてくれました。

災難・苦難・苦労に遭遇すると、それらから回避するために本気になります。

その時は、恐怖と絶望の中にいるものの、しばらく経って振り返ってみると、生長の種、機会であったとも感じます。

「死」以外の災難・苦難・苦労は、その訪れに感謝したいほど。
とはいっても、大きな災難・苦難・苦労が訪れている最中は、近くに「死」を感じているため、できれば訪れてほしくない。

心穏やかに生活したいのが、本音。

それでも、四苦八苦がデフォルトだから逃れられない。
気を紛らわすため、日々、真・善・美を探し(暇つぶし)ながら生きていくことに・・・。
なので、平穏な日常こそが幸福と感じられています。

ただ、人生で一番大きく価値観が変わるのは、もしかして、「死」の時なのでしょうか?
なぜなら、「死」が人生で一番大きな災難・苦難・苦労だから。

まだ、死んだことがないので、よく分かりませんが・・・。
ただ、その後の人生が終わってしまうため、「生き方」を変えることはできないけれど・・・。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介
2021年08月07日

「50歳を過ぎてもまだまだ未熟」と、コロナが生き方を教えてくれています。

こんにちは、

セミリタイア研究家


今年、日本でオリンピックを開催しています。
しかし、全く見ていません。
(もともとテレビ自体ないのですが、ネットでも見ていません)

今年(コロナ禍後から)、帰省を含め、不要不急の外出をしていません。
札幌市内からでることのない生活が続いています。

今年、趣味の読書が進んでいません。

コロナで、セミリタイア生活が変化しています。

日々の楽しみが「家事」になっています。
毎日、料理と掃除の「家事」で、忙しい。

コロナにより、料理・栄養への関心が高まっています。
同時に、掃除への関心がこれまで以上に高まっています。

「修身斉家治国平天下」の「修身」「斉家」の見直しをコロナがもたらしてくれました。

家計の金銭面において、「斉家」(能動的セミリタイア)の軌道上にあるとの認識から、安心感というか安堵感がありました。
そのために、家庭の運営全体が「斉家」状態であると拡大解釈していたのかもしれません。

ところが、コロナにより、「身の回りのことでもっとやるべきことがある」という危機感が生じたようです。
50歳を過ぎてもまだまだ未熟」と、コロナが生き方を変えさせてくれています。

再び「修身」に立ち戻っています。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介
2021年08月06日

セミリタイア生活は、「生活(費)の設定値」次第だが「自力ではどうにもできないこと」も・・・。

こんにちは、

セミリタイア研究家


もし、65歳でセミリタイア引退ならば、仕事がメインだった18年間でセミリタイア生活25年の礎を築いていたということ?

あの18年間分で本当にセミリタイア生活25年分を賄えるの?

最初(仕事メイン)の18年間では、相当、散財もしてきたし、起業当初は生活苦状態だったし・・・。
セミリタイアしている今も、金融資産が潤沢というわけでもないし・・・。

それでも、これまで12年の間、セミリタイア生活を続けられています。

自分内最大ミステリー

セミリタイア生活は、「生活(費)の設定値」次第ということだと思う。

ところで、「生活(費)の設定値」も、「自力でなんとかできること」と、「自力ではどうにもできないこと」があります。

「自力ではどうにもできないこと」として、大きなものは、

1つめは、自己や家族の、疾病、ケガ、事故、災害等を原因とする生活の変化による生活費の上昇。
2つめは、インフレによる生活費の急激な上昇。
3つめは、税、社会保障等の急激な上昇。

これらは、今後、残りのセミリタイア生活、さらにその後のリタイア生活の継続性にマイナスに作用。

なので、万が一発生してしまった場合にどうするかといった対応策については、常にバージョンアップしていきたいと思います。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 08:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介
2021年08月05日

13年後のセミリタイア引退に向けて、今後、重視していくのは、金銭面<健康面。

こんにちは、

セミリタイア研究家


年金受給開始をセミリタイア引退と考えると、セミリタイア生活もあと13年で引退。
これまでのセミリタイア生活12年とあわせて25年のセミリタイア生活が終了となる予定です。
その後は、リタイア生活に。

セミリタイア生活も折り返し地点が近づくにつれ、引退への道程にむけて、ある問題に目を向けています。
残りのセミリタイア生活、無事引退できるかどうかは、金銭面だけではなくなってきています。

自分達に起きることとして、確実なのは、毎年、加齢していくこと。
それにともなって、着実に老化は進みます。
老化や免疫力の低下等により、大きな病気の発生確率も上昇。
気力、体力、判断力の低下。
年々、死に近づいていきます。

なので、ケアしていかなければならないのは健康面
エスカルジュニアが13年後のセミリタイア無事引退を目指すにあたって、金銭面では、順調にセミリタイア引退へ向けての軌道上にいる今、金銭面よりもどちらかというと健康面を重視する局面に入ってきました。

つまり、これまでのセミリタイア前半戦は、金銭面のコントロールが中心
これからのセミリタイア後半戦は、健康面のコントロールが中心

セミリタイア引退に向けて、今後、重視していくのは、金銭面<健康面

コロナ対策で免疫力を上げる必要性から「健康自主管理」を始めたのですが、タイミング的には、セミリタイア生活の折り返し地点の今、健康面のコントロールの重要性を認識できたといったことにおいて、ベストな時期といえます。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介
2021年08月04日

セミリタイア生活を引退してリタイア生活に入るのはいつ?

こんにちは、

セミリタイア研究家


エスカルジュニアのセミリタイア歴現在12年。

このセミリタイア生活を引退してリタイア生活に入るのはいつ?について。

これまでは、
22歳で就職。
35歳で独立起業。
40歳でセミリタイア生活開始。
52歳(現在)セミリタイア生活中。

22歳で就職してから40歳までの18年間は、仕事メインの期間。
40歳から52歳までの12年間は、セミリタイア期間。

22歳で就職してから、52歳の現在までの30年のうち、6割が仕事メイン、4割がセミリタイアということになります。

さて、セミリタイアを引退するのはいつになるのでしょうか?
今の生活の延長線上、今後のライフイベントとしては、年金受給開始があります。

年金受給開始の実現により、セミリタイア⇒リタイアとなるならば、65歳がセミリタイアの引退時期といえそう。

65歳から年金受給するなら、それは、13年後から。
これまでのセミリタイア期間(12年)とほぼ同じ位の期間後(13年後)から開始。

年金受給開始をセミリタイア引退と考えるなら、今のセミリタイア生活25年も、折り返し地点が近づいています。
折り返し地点である今のところ、金銭面では順調にセミリタイア引退へ向けての軌道上を進んでいます。

とはいっても、日本は、生涯労働社会(ディストピア的1億総セミリタイア社会)を目指しているようなので、エスカルジュニアのセミリタイア生活も、65歳時点では、セミリタイア現役延長になっているかも・・・。

逆に今後の進捗状況次第では、60歳時に年金の繰り上げ受給でリタイアという選択肢もありかも・・・。

仮に、65歳でセミリタイア生活が引退できるならば、最初(仕事メイン)の18年間でセミリタイア生活の25年分の礎を築いていたということ。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介