2023年01月28日

私達夫婦の「アーリーリタイア」は、「困難、恐怖、不安」に対応・対策してきた結果の一部だった。



こんにちは、

アーリーリタイア研究家


脱サラ・起業後の生活苦という「絶望」を経験した後に人生をコントロールできるようになりました。
その後も、大きな出来事から小さな出来事まで、様々なレベルで困難、恐怖、不安に直面しています。

どうやら、再び同じ轍をふまないようにこれらに対応し、習慣・生活を変え、想定外のレベルを下げてきた結果が、今のアーリーリタイアになっているようです

つまり、「エスカルジュニアのアーリーリタイア方法」は、「黒船」への対応・対策の結果といえます。
これまでの「黒船」への対応・対策は、「価値観の再創造」と呼んでいます。
この「価値観の再創造」について振り返ってみます。

3年前コロナ発生後の、第三次価値観の再創造が生まれた直後の記事。

今回も「黒船」であるコロナ禍と同時に「価値観の再創造」が発生、それ以来、現在も、第三次「価値観の再創造」中です。
これまでに3度発生した、「価値観の再創造」ですが、その後「どんな分野、領域」に展開していくのか予測不可能でした

第一次「価値観の再創造」は、「脱サラ・起業⇒生活苦」からの「家計管理方法の確立(少欲知足)」「(無借金)不動産投資」。また、そもそも脱サラ・起業した理由の1つが「大量消費社会への疑問という環境問題」。

第二次「価値観の再創造」は、「東日本大震災・原発事故」からの「食の安心・安全」「FP1級・消費生活アドバイザーの資格取得」「セミリタイア(仕事・生活の見直し)」「札幌移住」「1億総セミリタイア社会計画」「北海道再エネ100%を目指せ」。

そして今回の第三次「価値観の再創造」では、「コロナ」が発端となって「どんな分野、領域」に展開してきているか?

今回も案の定、3年前には全く予想していなかった方向に進んできました。

では、この3年間でコロナ禍から「どんな分野、領域」に展開してきたのか、それは、
「夫婦でメガ健康法」
「2030年カーボン・ニュートラル生活を目指す」
「アーリーリタイア」

「困難、恐怖、不安」を発端にして「価値観の再創造」が発生していますが、
こうして、第一次から第三次までの「価値観の再創造」を俯瞰してみると、カテゴリーが大きく3つに分かれていることに気が付きます。
それは、「マネー」「食」「エネルギー」。

つまり、私たち夫婦がこれまで「困難、恐怖、不安」に感じていたのは、「マネー」「食」「エネルギー」についてだということ。
「マネー」「食」「エネルギー」のそれぞれについて価値観の再創造でどこへ展開していったのかを振り返ってみると

「マネー」では、
第一次価値観の再創造で「家計管理方法の確立(少欲知足)」「(無借金)不動産投資」へ
第二次価値観の再創造で「FP1級の資格取得」「セミリタイア(仕事・生活の見直し)」「札幌移住」「1億総セミリタイア社会計画」へ
第三次価値観の再創造で「アーリーリタイア」へ

「食」では、
第二次価値観の再創造で「食の安心・安全」「消費生活アドバイザーの資格取得」「札幌移住」へ
第三次価値観の再創造で「夫婦でメガ健康法」へ

「エネルギー」では、
第一次価値観の再創造で「大量消費社会への疑問という環境問題」へ
第二次価値観の再創造で「消費生活アドバイザーの資格取得」「セミリタイア(仕事・生活の見直し)」「札幌移住」「北海道再エネ100%を目指せ」へ
第三次価値観の再創造で「2030年カーボン・ニュートラル生活を目指す」へ

それぞれ展開してきました。

これまで予測不可能だと思っていたのですが、どうやら目的地へのレールの上を進んできているようです。
そして「アーリーリタイア」は、「マネー」「食」「エネルギー」分野で発生した「困難、恐怖、不安」に私たち夫婦が対応・対策してきた結果の一部だったといえそうです。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

posted by エスカルジュニア at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 〇アーリーリタイアとは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190140508
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック