2022年11月27日

『食料の自作化』でインフレ対策。

こんにちは、

セミリタイア研究家


現在、『食料の自作化』しているものを忘備録としてまとめておきたいと思います。

エスカルジュニア宅は、ほぼ自炊。
自炊のための調味料等は、ほぼ基本調味料。
そして、○○の素や添加物入りの調味料、マヨネーズ、市販のドレッシング、市販のホットケーキミックス、レトルト品などは、使っていません。

その分、国産・道産材料の有機、無添加の基本調味料、基本食材を使って、必要となる調味料等の食材を自作化しています。

また、重複する複数の食材(たとえば、いりゴマとすりゴマ)を購入せず、食材を自作化することで、食材を統合し、節約につなげるようにしています。
なので、インフレの影響は、今のところ、食品については、エネルギー価格の上昇ほどは受けていません。

これまで、取り組んできたことが、結果として、インフレ対策にもなっているようです。

現在、『食料の自作化』をしているものとしては、

・米粉
・ギー(調理用油)
・出汁
・ヨーグルト
・醤油麹
・塩こうじ
・すりゴマ
等。

こうした『食料の自作化』により、

1、家計の節約(自作の方が市販品の購入よりも低コスト。国内、道産の材料からつくることで、値上げの影響を受けにくい)。

2、食材調達の自由度アップ(必要なタイミングで加工。調理目的にあわせた食材づくりが可能)。

3、美味しく、安心・安全な食材からつくるので、フレッシュで、美味しく、安心・安全な加工後の食材となる。

4、カーボン・ニュートラルへつながる(プラスチック包装の削減、配送量削減によるプラごみ削減と化石燃料節約)。

今後、さらに『食料の自作化』のメニューを増やし、インフレ対策、カーボン・ニュートラル対策、そして、なにより食のQOLをよりあげていきたいと思います。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

posted by エスカルジュニア at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○アーリーリタイア夫婦流「メガ健康法」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189954157
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック