2020年12月27日

夫婦の「予防的健康管理」において、疾病や症状を予防する2つの方法。

こんにちは、

セミリタイア研究家


エスカルジュニア流「予防的健康管理」(取扱い説明書づくり)では、スペックの違い(人類のリスク分散機能)という問題を乗り越えていくものをつくっていく必要がある。

では、どういうものを作っていけばいいのか考えていく。

まず、夫婦2人のスペックの違いが出るというのは、どういった場合か?

同一の環境下において、1人のみに、症状や疾病が現れる場合。
または、2人とも症状や疾病が現れるものの、違った部位に現れる場合。

では、症状や疾病とはどういった場合に現れるのか?

身体の外から物質等を身体が摂取・吸収、あるいは物質等が身体に侵入してきたときに、身体がなんらかの反応をしたのが「症状」と考え、また、身体が無毒化できなかったことを「疾病」と考えることにする。

そして、その症状や疾病を防ぐには、どうすればいいのか?

大きく2つの方法があると思う。
1つめは、「危険度の高い侵入物から距離を置く」
2つめは、「身体のバリア機能を上げる」(シールド&無毒化)
危うきに近寄らないか、入らないようにシールド&入ってしまったものを無毒化する。

最後に、夫婦2人にどういったスペックの違いがあるか分からない中で、夫婦ともに「健康で暮らす」ために、スペックの違いが現れるのを防ぐにはどうすればいいのか?

スペックの違いが出ない位に危険度の高い侵入物から距離を置く」
スペックの違いが出ない位に身体のバリア機能を上げる」(シールド&無毒化)

この2つがエスカルジュニア流「予防的健康管理」(取扱い説明書づくり)で、スペックの違いを乗り越えるカギとなる。

つまり、自分1人においては、
自分にとって「危険度の高い侵入物から距離を置く」
自分の「身体のバリア機能を上げる」(シールド&無毒化)

ことで「予防的健康管理」をしていくことになるが、

スペック差の不明な夫婦においては、
スペックの違いが出ない位(遠く)に「危険度の高い侵入物から距離を置く
スペックの違いが出ない位(高く)に「身体のバリア機能を上げる」(シールド&無毒化
ことで「予防的健康管理」をしていくことになる。

これが、夫婦の「予防的健康管理」において、疾病や症状を予防する2つの方法と考える。

(当ブログの記事内容は、我が家の食事の摂取方針の記録につき、その摂取方針・記事内容が万人に安全、安心かどうかは不明です)

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○アーリーリタイア夫婦流「メガ健康法」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188255328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック