2020年10月30日

今後の摂取方針【タンパク質】植物性食品の大豆製品と米のプロテインスコアを上げる方法。


こんにちは、

セミリタイア研究家


3大栄養素の内のタンパク質の摂取方針については、時間をかけて検討している。
タンパク質を含め、栄養素について調べるほど、昔の日本人の知恵、日本の食文化のすばらしさを感じられる。

我が家の摂取方針としては、質の良いタンパク質をしっかり摂っていくために、プロテインスコアを使っていこうと考えている。

前回、植物性のタンパク質食品である米と大豆見てみたが、それぞれプロテインスコアが高くないため、その食品単体でタンパク質を摂ろうとすると、大量に食べることになったり、摂取カロリーが高くなったりしてしまう。

この問題の解決方法を、アミノ酸、プロテインスコアについて知らないはずの昔の日本人は何故か持っていた。

その解決方法とは・・・、

米のタンパク質はリジンという必須アミノ酸が少なく、大豆にはリジンが多く含まれている
一方、大豆のタンパク質はメチオニンという必須アミノ酸が少なく、米にはメチオニンが多く含まれている

米と大豆を組み合わせて食べると、アミノ酸のお互い足りないところを補完していくことができる。

日本人は、現在のような肉、乳製品といった食品が一般的でなかった時代から、米と大豆を同時に食べることでタンパク質の問題を解決してきたといえる。

米と納豆、米と豆腐の味噌汁等の組み合わせが、栄養、健康の面で相性が良いということを知っていたということだ。

ということで、先人にならい、効率良くタンパク質を摂るため、米と大豆製品を組み合わせて摂っていきたい。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○アーリーリタイア夫婦流「メガ健康法」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188076816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック