2018年07月11日

ベーシック・インカム及びベーシック・インカム市場で使用する通貨はどうするのか?第49話




こんにちは、
セミリタイア研究家

ベーシック・インカム及びベーシック・インカム市場での
商品との交換手段について。
ベーシック・インカムとして給付する貨幣は期限付きにし、
期限が過ぎたら消滅するようにしたい

その理由について。
ベーシック・インカムとベーシック・インカム市場は
市場社会保障制度。

この仕組みが、社会保障制度の1形態とするならば、
ベーシック・インカムを行使せずに
その分を貯蓄にまわすというのには、違和感がある

また、ベーシック・インカム財政を節約し、
持続可能な財政にする必要もある。
中には、ベーシック・インカムとベーシック・インカム市場を
使用する必要がないという人もいるかもしれないからだ。

消滅する貨幣をベーシック・インカム及び
ベーシック・インカム市場で使うとするならば、
現行の円のほかにもう一つ貨幣形態が必要になる

それには、一体どういうものが適しているのか?

電子マネー?ポイント?地域通貨?仮想通貨?

どれを採用するとしても問題は、
ベーシック・インカム市場で市民が
ベーシック・インカムマネーを使用したら、
その代金を売主(資本家)に支払うことになる。

すると、売主側にベーシック・インカムマネーが集中する。
売主側には、消滅するベーシック・インカムマネーが集まるが、
売主はそのベーシック・インカムマネーを早く手放さないと
期限付きのために消滅してしまう。

そのマネーは、ベーシック・インカム市場税の納税のためや
イノベーション資金のために、また、資本家の
事業意欲に必要な利潤のために、消滅する前に
何らかの形で、円と交換しなければならない。

そのためにベーシック・インカムマネーの円への交換所が必要となる。

ただ、交換所が作られると円とベーシック・インカムマネーが
交換できるようになってしまい、社会保障である
ベーシック・インカムが円交換を通じて蓄積できるようになってしまう。

また、ベーシック・インカム給付時に国は、消滅するマネーを
発行することになるが、この行為も交換所を通すのか?

通さないで発行できるならば、国は、無条件に巨額の貨幣を発行できる
ことになる。
それにより通貨の信頼性が損なわれることにならない?

そして、そもそも巨額の消滅する貨幣と蓄積できる貨幣(円)との交換
は可能なのだろうか?

これについて考えていると今世界中で流通している
緩和マネー自体、信頼できるのかという問題や
仮想通貨がお金として使えるようになるのかといった問題にもつながっていく。
こういった、通貨の信頼性の問題だ。

仕方なく、ベーシック・インカム及びベーシック・インカム市場の交換手段は
蓄積可能な貨幣である円によらなければならないのだろうか?

いや、やはり、可能ならば、円とベーシック・インカムマネーは切り離したい。

ベーシック・インカムマネーを円と分離しておくことによって、
現行の貨幣の秩序が崩れたときのセーフティーネットにもなる

国民にとっては、市場社会保障制度が社会保障の意味での
セーフティーネットと同時に、二重の意味でのセーフティーネットになる。

AI、ロボットを奴隷とし、自然の恵みを元に永続的に生まれる、
市場社会保障制度が確立していれば、
たとえ、もう1つの貨幣である円に大きな問題が発生しても、
少なくとも人が飢えて死ぬという問題からは、切り離されるだろう。

先行している仮想通貨の課題がベーシック・インカムマネーの課題に対し
光を与えてくれるのか?

ただ、このベーシック・インカムマネーに対する考察の先に別の行先が見える。
究極的には、AI、ロボットを奴隷とし、自然の恵みを元に永続的に生まれる、
市場社会保障制度が完全に確立し、国民の共有財産となるならば、
ベーシックインカム・マネー不要の現物支給でもいいのかも。

人は、与えられるだけになる。

ならば、交換手段は不要になるのでは?


建設的なご意見ありましたら、こちらへ


●「1億総セミリタイア社会(日本ユートピア社会)計画」

第1話〜第49話はこちらでご覧いただけます。


   ○1億総セミリタイア社会計画の要となるのが、

  「ベーシック・インカム市場」 です。


   ○1億総セミリタイア社会計画作成にあたり参考となった本をまとめています

  1億総セミリタイア社会(日本ユートピア社会)計画本棚

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183833006
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック