2016年12月15日

リタイアへの道半ばを「セミリタイア」とするならば、幸福への道も半ばなら、「セミ幸福」?



こんにちは、

セミリタイア研究家



昨日は、


について考えてみました。


幸福(苦悩のない状態)になるためには、

1、自己を変える。

2、周囲を変える。

3、周囲から逃げる。

の3つの手段を使う。

この3つの内、

エスカルジュニアは、

3、周囲から逃げる。

をよく使います。



思いつくところでは、過去

・会社をやめた

・2度の引っ越し

・お店をやめた

・デイトレやめた

・賃貸不動産の売却


現在、逃げることを考えているのは、

・移住したい

・賃貸不動産の売却時期

・紙の資産の利確、損切り

等。

逃げることばかり考えていますね。



自己・周囲はどんどん変化していくので、

その変化にあわなくなった結果

逃げていくことが多いです。

そして、

自己・周囲は変化しているという

危機感が常にあるために

普段から

1、自己を変える。と

2、周囲を変える。

ことを意識しています。


これは、

日々変化している周囲と自己との

小さな乖離の修正。


一方、難しいのは、大きな乖離。

周囲と自分との間で大きな乖離が発生し、

軌道修正の必要に迫られ、そして

逃げることができない状況に

なってしまったとき。


今までに大きな乖離が起き

1、自己を変える。

に取り組んだ(取り組んでいる)局面は、

・会社を辞め、起業したとき

・東日本大震災後に自己を見つめ直したとき


2、周囲を変える。

に取り組んだ(取り組んでいる)局面は、

・サラリーマンで昇進したとき

・東日本大震災後


というように、頻繁ではないものの、

これらは自分のなかでは、

逃げられない状況であり、

立ち向かうべき重要な局面であると

感じた(感じている)とき。


逃げ回って、そして

たまに、立ち向かわなければならなくなる。


その結果、たどりついたのが

幸福(苦悩のない状態)としての

現在のセミリタイア状態といえます。



ただ、現在は、前述したとおり、

1、自己を変える。

・東日本大震災後に自己を見つめ直したとき

2、周囲を変える。

・東日本大震災後

に取り組んでいる最中。


『より広い周囲(公)の

幸福(苦悩のない状態)』を求めて、

1、自己を変える。

2、周囲を変える。

ことに立ち向かっていこう

としたら、その過程で偶然、

現在の

『夫婦でセミリタイア状態(私)の

幸福(苦悩のない状態)』に出会った


という感じです。


現在も『より広い周囲(公)の

幸福(苦悩のない状態)』を求めて

取り組んでいる最中なので、

個人的には、現在の幸福(苦悩のない状態)も

道半ばといえます。


リタイアへの道半ばを

セミリタイアとするならば、

幸福への道も半ばなので、

セミ幸福なのかもしれません。


最後まで読んでいただきありがとう
ございました。






で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178044204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック