2016年11月04日

セミリタイア夫婦(夫)がサラリーマンの頃、株で損失垂れ流していた。


こんにちは、

セミリタイア研究家




今年に入ってから、

本格的に「紙の資産」に取り組んでいます。

今は、第三次「紙の資産」チャレンジ期間。


ちなみに

第一次「紙の資産」チャレンジは、

サラリーマン時代。


第二次「紙の資産」チャレンジは、

自営業時代。

第一次「紙の資産」チャレンジですが、



サラリーマンになってすぐに

初めて株を購入したのですが・・・

失敗しました。


その後、

株式新聞やマネー雑誌等で

推奨されるような

銘柄の株や投信を買ったり

するようになりました。


携帯電話で株価を

見ることができるようになると、

会社での仕事の前に

売買していました。

売買に明確なルールが

あったわけではなく、

銘柄選びのソースは、

日経新聞、株式新聞、マネー雑誌等から。

四季報は買っていました。

まさに他力本願。

これらを読むことが、

株式投資の勉強であると

思っていました。



初回の失敗の影響からか

利益が出るとすぐに利益確定。


損失が発生した銘柄は、

いつかは上がるだろうと

塩漬けのままで放置。


損切りという考えが

ありませんでしたからね。

損切りしないばかりか

無計画なナンピンをして、

損が拡大することも。

資金の管理等もどんぶりで

損益額は全く不明。



そのうち、

仕事が忙しくなると、


寄り付き前に注文を出すことが
困難になるとともに、

値動きを追いかける時間

もなくなり、

時々、所有銘柄の株価チェックし、

膨らんでいく損失額を確認。



次第にフェードアウト

といった感じになっていきました。

ずいぶんと高い勉強代を

払うことになってしまいました。

この無策な状態の中でも、

救われたのは、

仕事が忙しくなったために、

無策のトレードを

継続しなくなったこと。

それと

信用取引に手を出さなかったこと。

損失は、投資した額を上限に抑える

ことができました。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177529373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック