2015年09月06日

サラリーマン、自営業、セミリタイアそれぞれの仕事への取り組み方の違い。

こんにちは、エスカルジュニアです。


私は、サラリーマンとして働き、

自営業者になり、セミリタイアに。

それぞれのフィールドでの私自身の

仕事への取り組み方の違いについて。




サラリーマンの頃は、売上の前年対比や

目標対比が常に求められていました。

100%以上の成果を求められます。

売り上げの下がっていく時代においては

目標の達成は厳しい環境ともいえました。


目標達成を目指していくためには、

毎年、毎月、毎日

自分に負荷をかけていく必要がありました。


毎日、100%以上の力を出していく。

サラリーマンの頃はそんな感じでした。



そして、自営業になってからは、


前年というよりも、まずは

今、食っていかなければならない。


最初の頃は、食べるために必死に働いていました。

やや落ち着いてくると

次第に、目の前にある食べていくための仕事

に加え、将来に向けての仕事(次の手)を

考えるようになっていきました。


起業時は目の前の仕事100%でした。

その後、

将来の仕事(次の手)を模索する比率が

上がるようになっていきました。

その比率が徐々に逆転していくようになり、

今のセミリタイア生活に至っています。

今、多くは、将来の仕事(次の手)を構築する

ための時間です。



自営業では、特に今やっている商売が

永遠に続くとは限らず、

いつか必ず衰退していく感覚が強いです。


新たな収入として次にむけて

チャレンジし、

その衰退に対してヘッジしていく。


ただ、セミリタイアの現在

次の手を始める準備

のための経験値は

最初の起業時からすると

上がっています。


いろいろな取り組みをしては、

失敗したり、成功したりを繰り返してきたので

新たな取り組みに対しての

心理的な抵抗感も下がっているとともに、

低予算、低リスクで

始める算段ができるようになっています。

それは、

低コストで商品・サービスを提供できる

ようになってきたともいえます。



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ



で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163022388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック