2015年06月20日

自営業時代について〜起業〜(2)

こんにちは、エスカルジュニアです。

サラリーマンを辞め、起業したことで、

自由の身となりました。



しかし、そんな喜びも束の間、

起業後の洗礼を受けることに。

今の自分が当時の自分に対して

アドバイスできれば、

開業時これほどまでに

苦労しなくてもすんだのに。



今思い出してもゾッとするほど

の経験を味わうことになりました。




お店の開店前から出品のお客様を

募集していたのですが、

なかなか出品される

お客様が現れませんでした。



近隣にチラシを配ったりしたものの

反応がありません。

開店したての、

どこの馬の骨とも分からないような、

お店に品物を預ける訳がないですよね。



開店当初は知人などに

出品してもらっていたこともあり、

販売する商品はあったのですが、

営業日数を重ねるうちに

補充する商品が手薄になって

いきました。



出品者の想定を完全に見誤っていました。

当然、商品がないと売れないので、

商品補充のために

商品を仕入れる必要性がでてきました。



仕入れ資金を用意する必要に迫られ、

生活費の予備として準備していたお金に

手を付けざるを得なくなっていきました。

さらに追い打ちをかけるように

支払いが次々に。



サラリーマンの時には給料天引きだったので

あまり意識していなかった

社会保険料・税金の支払い。


自宅の住宅ローンの返済、お店の家賃、

お店の開店時にお客様の預かり品を

守るためにと思って入った

警備会社の費用。

お店の設備のローン。

等。



これらの支払いによって、

急激に手元の資金が減っていくという

恐ろしい体験をすることになりました。

さらに運転資金、生活資金が

ショートする寸前となりました。



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ



で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/143356441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック