2022年05月01日

セミリタイア夫婦の2022年4月の家計の結果。「自由な時間」の買い戻し価格1人1時間あたり32.5円。

こんにちは、

セミリタイア研究家


セミリタイア夫婦の我が家の
2022年4月の家計の結果を発表します。

「資産運用」+「資産取り崩し」が、我が家のセミリタイアの現在の「形」。
資産運用の中身ですが、現在、メインは、不動産。
不動産投資しながら、資産を取り崩して生活しています。
「死ぬときの資産0円」が理想なので、毎年の年間収支は、基本的に、マイナスになるようにコントロールしています。

なので、毎月の「セミリタイア夫婦の家計の結果」もマイナスになります。
さて、今月の結果は、
  
   ↓

   ↓

   ↓

・純資産先月比マイナス46,802

「資産運用」+「資産取り崩し」の結果が−46,802円。
2022年4月は「自分の自由な時間」をいくらで「買い戻した」のか?
2022年4月の家計の収支のマイナスが−46,802円。
なので、「自分の自由な時間」を2022年4月は、46,802円で「買い戻した」ことになります。
これを「1日当たり」換算と「1時間当たり」換算をしたものが下記。

(1日当たり)
・夫婦2人の1カ月の全持ち日数は、30日×2人=60日。
「自分の自由な時間」の買い戻し価格(1日あたり)780.0円(46,802÷60)
1人1日あたり780.0円で「買い戻した」ことになります。

(1時間当たり)
・夫婦2人の1カ月の全持ち時間は、24時間×30日×2人=1440時間。
「自分の自由な時間」の買い戻し価格(1時間当たり)32.5円(46,802÷1440)
1人1時間あたり32.5円で「買い戻した」ことになります。

『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、
月末に純資産のトータルを集計して、先月対比で比較。
そして家計簿をつけて毎月の収支をみながら
大きな変化に機動的に対応する』

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ家計