2020年12月20日

セミリタイアの醍醐味。

こんにちは、

セミリタイア研究家


「食」のカテゴリーでの「価値観の再創造」が発生したことにより、「人生」である「時間」は今『食』に集中している。

「食」のカテゴリーの一度目では、東日本大震災後の、安心・安全な食品の調達が我が家にとっての大きな課題だった。
札幌移住もその一環。
安心・安全な「食の調達」が中心になっていた。
「食」のカテゴリーで起こった一度目は、現在も継続していて、「食」に費やす「時間」は長いものの、習慣化されているために、生活の一部となっている。
第二次「価値観の再創造」以降、ほぼ自炊となった。
それは、食の安全・安心を求めるとどうしても、自炊となるからだ。
今回の第三次「価値観の再創造」では、「食」のカテゴリーの中でもその対象領域は「食べ物に含まれる栄養素」「食による健康管理(調理含む)」ともう一段階「食」への深化が起きている。
今年、「食」への深化が起きたのは、コロナが引き金ともいえるが、50歳を過ぎて、健康への意識が高まる時期に重なったことも大きいのではないかと思う。
これまで、調理については、妻の領域としていて、後片付けや緊急時以外にキッチンに入ることはなかったが、今年は、調理にも踏み込んでいる。

我が家では、「食の調達→調理」まで、1日の時間の多くを使っている。
「人生」の多くの時間を「食」に費やしている。
「食」で「人生は暇つぶし」

さらに、視界を拡げてみる。
10年前に発生した第二次「価値観の創造」以降の食の調達において、「生産・加工」に時間、手間のかかっているものを選ぶことが多くなっていった。
現在調達している食材は、三年番茶、三年味噌、有機・無農薬栽培野菜、低温殺菌牛乳、平飼い卵、静置発酵法の酢、低温圧縮法の油等。
安心、安全、健康を求めると「生産・加工、調達、調理」に時間、手間がかかっているものを選ぶことになっていく。
こうみていくと多くは「昔ながらの製法」の食材を選んでいる。
それほど自覚のないうちに「スローフード」を取り入れていたのだ。
今回は、「スローフード」のさらなる進化だ。
超スローフード」か?

今後、「超スローフード」はどうなっていくのか?
これまでの「価値観の再創造」と同じように進んでいくのならば、2つ考えられる。
1つは、「スローフード」の進化が落ち着いてきたら、その枠内で効率化を進め、習慣化されていき、その習慣が日常化する。
もう1つは、延長線上にある、別の地点を目指しはじめる。
前回の「価値観の再創造」の延長線上に「札幌移住」があったように・・・。
その別の地点というのは、まだ見えている訳ではないが・・・。
前者は、ほぼ確定的だが、後者は、未確定的だ。

この時折発生する「価値観の再創造」自体が、自分のシステム上にある「人生は暇つぶし」の進化、発展、改良の機会といえる。
今、自分のシステムが大きく動いているのを感じている。
エスカルジュニアにとって「セミリタイア」の醍醐味は、時間(人生)に余白を設けておくことで、突如この「価値観の再創造」が発生したときにすぐに動くことができることだ。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2020年12月16日

コロナで行動が制限されている今、自分にとっての最適な「人生は暇つぶし」を再検証する良い機会なのかも。

こんにちは、

セミリタイア研究家


時間を消費する支出」(一般的なお金の使い方として)
時間を得るための支出」(有効なお金の使い方として)

この2つを基準にお金の使い方を比較していることを見かける。
「時間を消費する支出」として、代表的なのは、ゲーム、PC・スマホ、娯楽等。
「時間を得るための支出」として、代表的なのは、時短家電や家事の外注化等。

その背後に隠れているのは、「支出のための収入」と「その収入を得るための(賃)労働」
「時間を消費する支出」「時間を得るための支出」どちらにも「支出のための(賃)労働」が背後にある共通項だろう。

セミリタイア・アーリーリタイアは、第三の道だ。
それは、「時間を得るために支出をしない

セミリタイア・アーリーリタイアの実現とは、
「支出のための(賃)労働」の縮小・不要を目指すことにほかならない。

「支出をせずに時間を得る」
→「支出をせずにセミリタイア・アーリーリタイア(時間)を得る」

時間を得る点では、「時間を得るための支出」(有効なお金の使い方)と同じ。
違う点は、支出のための(賃)労働の位置付けだ。

ところで、時間軸をのばして、人生とは何かといった問いに対して、よく聞くフレーズは「人生は暇つぶし
このフレーズを聞いた後で、冒頭の選択に話を戻すと「時間を消費する支出」の見え方が変わってくる。

支出の対象に対して、熱中できるなら「時間を消費する支出」が最も効率的なのでは?
時間をつぶすことのできる熱中できる物を買い、そしてその対象物を買うために全力で(賃)労働をすれば、一切の暇な時間がなくなる。
それは、効率的な「人生は暇つぶし」といえそうだ。

エスカルジュニアも、社会人生活は、この効率的な「人生は暇つぶし」からスタートした。
だが、ある別の方向に向かって「人生は暇つぶし」を進めてきた。
それは、消費も労働も他者のシステム上で生きる人生ではなく、
自分のシステムの上で自由に生きる人生だ。
自分のシステムの上での「人生は暇つぶし」を望んできた

さて、生きていく(暇つぶしの)ために必要と思われる支出はどこにいったのか?
しなくなったか、少なくなったか、自足するようになったか、使い道を変更したか」だ。

セミリタイアへの途上においては、労働によって得た収入から、「しなくなったか、少なくなったか、自足するようになったか、使い道を変更したか」の実行により、少なくなった支出を除き、その残余分を時間を得るために資産内部留保や運用資産)へおきかえていく。

セミリタイア実行後の、その継続においては、「時間を消費する支出」よりも「時間を得るために支出をしない」方が持続可能性は、当然高い。

セミリタイアを実行・継続するポイントは、支出を「しなくなったか、少なくなったか、自足するようになったか、使い道を変更したか」の状態で「人生は暇つぶし」ができるかどうかだろう。

案外、コロナで行動が制限されている今、自分にとっての最適な「人生は暇つぶし」を再検証する良い機会なのかも・・・。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2020年12月15日

今後の摂取方針【炭水化物】数値以外の目標決定!

こんにちは、

セミリタイア研究家


炭水化物の摂取方針についてこれまで考えてきたが、なんとか大枠が固まった。

その内容は、下記。

今後の摂取方針【炭水化物】数値以外の目標

エネルギーとして、糖質を必要に応じて効率的に補充していくのと同時に、糖質摂取による副作用ともいえるAGE、肥満、メタボ、糖尿病のリスクを抑える。
この両立を目指すために、「カロリー摂取量」「低GI値」のコントロールを併用していく。

ただ、主食のGI値に限らず、「GI値」を気にするあまり、必要なエネルギー、栄養素が不足するといったことがないように気を付けたい。
なので、「低GI値」よりも「必須エネルギー、必須栄養素」を優先させる。

そして、我が家の炭水化物の内、約4割を占めるコメの摂取方針として

●コメ自身の特性を利用しながら「低GI値」の「選び方」「食べ方」を行う。
「選び方」ー日中の活動量に応じて、GI値をコメの種類により調整できるよう、複数種のコメを常備しておく。
「食べ方」ー活動量の多い最中の昼食時に炊飯し、昼食は「αーデンプン」の状態で食べ、夕食、翌朝は、「再β化」した状態で食べることで、「低GI」化する。
※「選び方」「食べ方」どちらも安心・安全、美味しさを求めていく

●「低GI値」でコメを食べる方法を工夫する。
1.「コメを食べるタイミング」を工夫して「低GI値」にする。
〇主食の白米ごはんを食べはじめるタイミングを遅くする。
〇早食いをせずに腹八分目。1食に最低20分以上かけてゆっくり、そして口の中にいれたら30回30秒以上噛んで食べる。
2.「コメにあわせる副食」を工夫して「低GI値」にする。
〇酢
〇食物繊維
〇カレー粉
3.「コメにあわせるひと手間」を工夫して「低GI値」にする。
〇酢飯
〇炊き込みごはん
〇麦めし
〇他の穀類とミックス
以上を我が家の今後の摂取方針【炭水化物】とする。

ここまでで、3大栄養素の脂質、タンパク質、炭水化物についての摂取方針がほぼ決定した。

(当ブログの記事内容は、我が家の食事の摂取方針の記録につき、その摂取方針・記事内容が万人に安全、安心かどうかは不明です)

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







続きを読む
posted by エスカルジュニア at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○アーリーリタイア夫婦流「メガ健康法」
2020年12月14日

今後の摂取方針【炭水化物】コメを「低GI値」にする食べ方(3)「コメにあわせるひと手間」を工夫して「低GI値」にする。

こんにちは、

セミリタイア研究家


前回、コメの「低GI値」で食べる方法について、我が家で取り入れていることを中心として大きく下記の3種類に分けてみた。
1.「コメを食べるタイミング」を工夫して「低GI値」にする。
2.「コメにあわせる副食」を工夫して「低GI値」にする。
3.「コメにあわせるひと手間」を工夫して「低GI値」にする。

今回は、3.「コメにあわせるひと手間」を工夫して「低GI値」にする。について。

主食のコメと一緒に酢や食物繊維を食べことで「低GI値」にして、食後血糖値の上昇を抑えるようにしている。
これら酢や食物繊維をコメに直接あわせる、つまりひと手間を加える方法として、

〇酢飯
〇炊き込みごはん

また、酢や食物繊維以外にも
〇麦
〇発芽玄米
〇他の穀類
等とコメをミックスしていく方法もある。

ここまで、コメを「低GI値」で食べる方法について、考えてきた。
我が家において、1年間の食事回数1095回の内の8割以上、876回以上はコメが主食。
主食であるコメは、炭水化物(糖質)摂取の柱。
そして、平均すると1日に摂っているコメに含まれる炭水化物量は、約100gで、炭水化物内での割合は約4割を占める。
この毎日食べているコメの摂取方法について、今後も集中して考えていきたい。

(当ブログの記事内容は、我が家の食事の摂取方針の記録につき、その摂取方針・記事内容が万人に安全、安心かどうかは不明です)

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○アーリーリタイア夫婦流「メガ健康法」
2020年12月13日

今後の摂取方針【炭水化物】コメを「低GI値」にする食べ方(2)「コメにあわせる副食」を工夫して「低GI値」にする。


こんにちは、

セミリタイア研究家


前回、コメの「低GI値」で食べる方法について、我が家で取り入れていることを中心として大きく下記の3種類に分けてみた。

1.「コメを食べるタイミング」を工夫して「低GI値」にする。
2.「コメにあわせる副食」を工夫して「低GI値」にする。
3.「コメにあわせるひと手間」を工夫して「低GI値」にする。

今回は、2.「コメにあわせる副食」を工夫して「低GI値」にする。について。

コメと一緒に食べる副食の種類によっては「低GI値」にしてくれる、つまり、食後血糖値の上昇を抑えることができるものもある。

〇酢
唾液には、デンプンをある程度まで分解させる消化酵素のαーアミラーゼが含まれている。
酢の主要な成分の酢酸には、αーアミラーゼの働きを弱める作用がある。
そのため、血糖値の上昇が緩やかになる。

〇食物繊維
食物繊維は、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」がある。
「水溶性食物繊維」には、一緒に食べた食べ物の水分を吸って、ゼリー状になることで、消化を遅くする。
それにより、血糖値の急激な上昇を抑える。
「不溶性食物繊維」は、粘性がなく、水や酵素がデンプンに入りにくくすることで、消化を遅くする。

主食のコメと一緒に酢や食物繊維を食べたり、また、コメを食べる前に酢の物や、副食として食物繊維を摂ることで「低GI値」にして、食後血糖値の上昇を抑えるようにしている。

酢や食物繊維の他、カレー粉等にも、「低GI値」にする作用があるといわれている。

ただ、「低GI値」にこだわりすぎて、栄養素やカロリーの偏りや不足がないように注意したいと思う。

次回は、3.「コメにあわせるひと手間」を工夫して「低GI値」にする。について。

(当ブログの記事内容は、我が家の食事の摂取方針の記録につき、その摂取方針・記事内容が万人に安全、安心かどうかは不明です)

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ

札幌で腸内会活動中です。







posted by エスカルジュニア at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○アーリーリタイア夫婦流「メガ健康法」