2020年09月06日

セミリタイア生活の2大リスクへの対策。「病気になる」リスクをヘッジする方法。

こんにちは、

セミリタイア研究家


「食のインフレ」と「病気になる」が、我が家のセミリタイア生活の2大リスク。
今回は「病気になる」リスクをヘッジする方法について。

その対策方法として2つ。それは、「健康」と「保険」。

「病気になる」リスクをヘッジする方法で最も有効な方法は「病気にならないこと」。
当たり前だが、「病気にならないこと」つまり「健康」でいることが、最も有効。

もしも、病気になってしまった場合には、慢性化させない。
慢性化が、さらに大きな病気を引き起こすかもしれない。
なので、病気になったら、目指したいのは、病気を治すこと。
当たり前だが、病気を治せば、慢性化を防ぐことができる。

慢性化を防げず、さらに3大成人病といわれる大きな病気になると、まとまった費用、時間、負担がかかってくる。
我が家では、医療費の青天井化がセミリタイア生活のリスクと考えて、許容できる最低限の医療保険に加入している。

保険」を使ってのリスクヘッジだ。もちろん現金でプールしておくという方法もある。
我が家では、最小エネルギーでのセミリタイア生活なのと死ぬときの資産0円を目指しているので、保険も活用している。

保険には、いろいろな目的があるが、医療保険は、自分の生きている間のための保険

現金で医療費分をプールしておくということは、死ぬときにそのプール額分、残ってしまう可能性が高い。いつ死ぬか分からないからだ。

保険にしておくことで、死ぬときの資産0円に近づけることができる。

セミリタイア生活の2大リスクの内の1つ「病気になる」リスク対策として
まずは、「健康に注意し病気にならない」
次に、「病気になったら治す」
そして、「治らずに大きな病気になったり、突然大きな病気に襲われたときには保険を活用」

という、なんとも当たり前の方法がリスクヘッジの方法だ。

問題なのは、想定をこえる「医療費の上昇」が発生した場合だ。
その際には、さらに「保険」を見直す必要がでてくるのかもしれない。(そのシーンで、保険を修正できる体の状態ならいいが・・・)
最終的には、できる範囲内で対応していくことになるだろう。

ただ、繰り返しになるが、健康ならば、医療・保険にお金はかからなくてすむ。
最高の方法は、「健康」ということだ。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2020年09月05日

セミリタイア生活の2大リスクへの対策。「食のインフレ」リスクをヘッジする方法。

こんにちは、

セミリタイア研究家


エスカルジュニア家のセミリタイア兼サバイバル術。それは、
「ミニマリスト×プレッパー」
ソフト面で準備していることは、「ミニマルな習慣」×「技術、信用、知識、知恵の蓄積」
ハード面で準備していることは、「ミニマルな生活」×「蓄積・備蓄」

「食のインフレ」と「病気になること」が、我が家のセミリタイア生活の2大リスク。

今回は、「食のインフレ」リスクをヘッジする方法について。
一番確実にヘッジできる方法は、「残りの人生分の食糧を確保する」こと。
どの程度備蓄していくのかといった話で、プレッパーの領域。

問題になるのは「保存方法」と「保存の量・場所」。
今51歳なので、100歳まで生きると想定して、残り49年分を確保できるか?
食糧現物で49年分確保できれば、ベスト。
東日本大震災以降、ローリングストックを続けてきたが、49年分の確保というとなかなか難しい。

「保存方法」が問題。
食材ごとにローリングストックの長さを決めているが、今私たち夫婦が食べている食品リストの中に49年後に食べることのできる食品はない。
たとえ49年分の食糧確保について、保存上の問題が解決したとしても、そもそもいつ寿命が終わるか分からないので、途中で、保存した食糧が無駄になる可能性も大きい。

「保存の量・場所」も問題。
49年分ともなると、置き場所をどうするか?
その保管コストもかかる。
食糧現物で49年分確保が難しいなら、次に考えたいのが、食糧現物とその他の物の組み合わせだ。

我が家の、ローリングストックをベースにした(安全、安心)食材で、保存期間として最も長いものでも2年、半年といったものもある。
保存可能期間は、長短いろいろあるものの、栄養は後まわしにして、最低限生きていくためにはという視点でみていくと、ローリングストックをベースにした、我が家のプレッパー能力は、おそらく1年。

「1年分の食糧備蓄+その他の物」で「食のインフレ」リスクをヘッジしていくことになる。

現在発生している「食べ方改革」では、ローリングストックについても踏み込んでいくことになる。
これまで行ってきた、ローリングストックの内容の修正・改良を行っている最中だ。
すでに食べ方改革以前のローリングストックが稼働していて、在庫があるので、軌道修正に時間がかかってしまう。

食糧現物で長期分確保することの問題点は、今回のように食についての「価値観の再創造」が発生し、備蓄食材に変更が生じたときに軌道修正が難しいこと。

そして、「食のインフレ」リスクをヘッジするために食糧現物以外の、その他の物をどうするのか?

現金(国内・外)、株(国内・外)、債券(国内・外)、不動産(国内・外)、金・銀・プラチナ、換金性の高いといわれる商品等。

「食のインフレ」をヘッジするならば、現金(国内)の比率は下がることになるだろう。
それは、現金の価値が下がった結果としての、食のインフレになるからだ。
食のインフレが発生しているということは、食以外もインフレが発生している可能性が高いので、その他の物もインフレに連動する物を選ぶ。

「食のインフレ」がセミリタイアにとって大きなリスクである我が家にとっては、食材の方が現金(国内)より価値があるということになる。

つまり

「食」>「マネー」

若いころは、「食」≦「マネー」だったが、年齢によるものなのか、経験・知識の変化によるものなのか分からないが、食がマネーを超えつつある。
決してマネーが不要という訳ではないが・・・。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2020年09月04日

ライフプランの要、寿命の考え方。

こんにちは、

セミリタイア研究家


自分の寿命がいつ終わるのか?
自分の寿命を決める方法は、ほぼ、ない。
セミリタイアの要であるライフプランをつくるにあたって寿命を予測することが困難なことが、セミリタイア実行への判断を鈍らせる理由の1つである。

エスカルジュニアは、何段階かの寿命を想定している(た)。

1つめは、人生50年
2つめは、平均寿命
3つめは、人生100年

現在51歳。1つめの、人生50年を想定していたから、セミリタイアへ動いたともいえるが、すでにその年齢は過ぎた。
今後、いつころっと死んでもいいように、ミニマルな生活にもなっている。

次の節目は、
2つめの、平均寿命
3つめの、人生100年

人生100年を想定しながらも、平均寿命を目指す。
理想的な死に方は、できれば、ころっと死にたい。
健康で元気に生活して、ある日ころっと死ぬ。
可能ならば、死ぬまで人の世話にならない。
(難しいならば、せめて世話になる期間を最小限に)
その生き方を選ぶには、健康を意識していく必要がある。

戦略的には、「寿命100歳を想定しながら、人の世話にならないようにしつつ、いつころっと死んでもいいように、かつ、今を大切に生きる」

今後の大きな課題は、いつ病気になるかわからないこと。
50歳は、昔の言い方でいえば、初老を超え中老
病気になるリスクは上昇していくだろう。

人生100年ならば、まだまだ先は長いので、微調整していく場面は何度もでてくるだろう。
微調整できる体でいるためにも健康が必要。

(安心・安全な)食=健康・体
健康・体=命
なので、
(安心・安全な)食=命

私たちのセミリタイア生活にとって(安心・安全な)「食」が、これまでも、そしてこれからも最重要な理由でもある。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2020年09月03日

セミリタイア生活の2大リスク。「食のインフレ」と「病気になる」

こんにちは、

セミリタイア研究家


我が家において、戦争、暴動、大規模災害、原発事故、大規模疫病等といった突発的に発生するリスク以外、つまり平静状況下でのセミリタイア生活におけるリスクは、大きく2つある。
2大リスク、それは、「食のインフレ」と「病気になる」ことだ。

さらに「病気になる」ことのリスクには、「病気になる」こと自体に加え、「医療費の上昇」もある。

まずは、「食のインフレ」について。
基本生活費を「衣・食・住」の視点でみていく。

「住」について。
家は、ローンのない状態。
また、習慣や生活がミニマル化されているので、家電品、車等の買い替え費用や、維持費用も含めての固定費、そして、所有にともなう光熱費などの変動費が限定化されている。

家計をミニマル化することにより、ライフプランで将来を想定しやすい状態にしている。

「衣」も同様だ。
「衣・食・住」の中で、最重要視しているのは、「食」。
「食」のみ、ミニマル化をしていない。

その理由は、もう一つの大きなリスク「病気になること」を限定的にするためだ。
そのために逆に「食」分野での物価上昇が1つめの大きなリスクとなってしまう。

もう1つの大きなリスクが「病気になる」こと。
「病気になる」ことと同時に「医療費の上昇」もリスクだ。

病気になることによって、まず、基本生活費に上乗せされることになるのが、診療費、薬代、病院への交通費だ。

現在、医療費の負担割合は、原則
6歳(義務教育就業前)未満2割負担
70歳まで3割負担
75歳まで2割負担(現役並み所得者3割負担)
75歳以上1割負担(現役並み所得者3割負担)

成人が、現役並み所得以下で、100歳まで生きるとすると、75歳以降1割負担が続くなら、25年間は、1割負担の恩恵を受けることができる。
加齢に伴い医療費の増加するであろう人生後半の負担が低くなる。
日本の健康保険制度は、有難い制度だ。ただ、財政上の問題もあり、このまま、現在の制度が続くかは、分からない。

3大成人病や、糖尿病、高血圧等の慢性の疾患になると生涯を通して、医療費がかかることになる。

現在51歳の自分(100歳寿命と想定)が慢性の疾患になったとしてみると、70歳までの19年間は3割負担、その後75歳までの5年間は2割、そして100歳までの25年間1割負担だ。

51歳の誕生日に、慢性的な疾患になり、毎月、診療費、薬代、病院への交通費合計で5000円(内訳診療代、薬代3000円、交通費2000円とする)かかるようになるとする。
この場合の、生涯におけるその費用を計算してみると、

年間6万円(5000円×12月)×19年で114万円、その後5年間、2割負担で、年間4万8000円(4000円×12月)×5年で24万円、その後25年間は1割負担で、年間3万6000円(3000円×12月)×25年で90万円。
生涯医療費228万円だ。これが「病気になる」リスクだ。夫婦2人ならば約456万の医療費だ。

これに「医療費の上昇」リスクが加わるとどうなるか。つまり、負担割合が変わり、仮に全年齢3割負担になったとすると、年間6万円×49年で294万円だ。
一人66万円の上昇。夫婦2人で132万円の上昇だ。2人で約600万の医療費に上昇する。

慢性的な疾患が2つになると二倍、3つになると三倍。三倍だと二人で約2000万の医療費負担になる。
この計算には、介護費用や手術代などは入っていない。青天井になる可能性がある。

さらに時間もかかる。1回の通院に半日かかったとすると月6時間で年間72時間。49年で3528時間。単純に24時間で割っても147日だ。
夫婦2人ならば、294日。
慢性的な疾患が2つになると二倍、3つになると三倍。三倍だと二人で約882日だ。
これは1日を24時間で計算した日数なので、1日に活動できる時間を12時間で計算しなおすと倍の1764日を通院で使うことになる。
慢性的な疾患が3つあると、人生のうちの約5年が病院通いのみの時間となる。

夫婦2人で、それぞれ慢性的な疾患が3つあると医療費約2000万円、病院通いのみの日が約5年から約10年だ。
これに、薬を飲む時間、病気に関連して使う時間を含めるとさらに大きくなる。
加えて、健康的に活動できる時間が減少する可能性も高くなる。
セミリタイア生活の持続可能性が下がってしまう。

「医療費の上昇」を含めて「病気になる」ことのリスクは大きい。
これが2つめの大きなリスクだ。

ライフプランで想定している以上の上昇が怖い。

今、「食」をミニマル化しないのは、「食のインフレ」が想定内の現時点は、ライフプランも想定内で推移している状態であり、その期間中は、いつ起こるかわからない「病気になる」リスクを少しでも抑える努力をしておこうという理由から。
リスクの変動を限定的にしていきたい。

「食のインフレ」リスクと「病気になる」リスクを調整しながらコントロールしていく必要がある。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2020年09月02日

ヒトの身体と体内細菌の関係。

こんにちは、

セミリタイア研究家


毎月読んだ本の中で面白かった本について
記録しています。

8月は18冊読みました。
ジャンル毎分類(2020年累計)
8月まで累計38冊

●自由な生活(余暇)4冊(10.5%)
●真善美愛 5冊 (13.2%)
  ○課題図書 1冊
●人類の生長のための活動 29冊 (76.3%)

8月に読んだ本の内で面白かったのは、


「ヒトの身体内外に生きている微生物にもっと注目する必要がある」

「個人のマイクロバイオームは、ヒトの免疫系や病気への抵抗性に重要な役割を演じる。
簡単にいえば、私たちの健康を保っているのは、私たち自身のマイクロバイオームであると言うことができるかもしれない。
その一部が今失われようとしている。
理由は私たちの周囲にある、抗生物質の乱用や・・・消毒液の使用などである」

「心臓や脳と異なり、マイクロバイオームの形成は胎児期からではなく、出生直後から始まる。
・・・マイクロバイオーム全体をすっかり失うことは、肝臓や腎臓を失うに等しい」

「ヒトの体は30兆個の細胞よりなる。一方、ヒトは、ヒトとともに進化してきた100兆個もの細菌や真菌の住処でもある。
こうした微生物が私たち自身の細胞数を大きく上回るという状況について考えてみよう。
私たちの身体を構成する細胞の70から90%は人以外の細胞ということになる」

「20世紀後半から今日まで続く医学上の偉大な進歩の大半は、抗生物質の開発によって触媒されてきた。
その使用が害を及ぼすことなどありえない。
少なくともそう見えた。不都合な影響が現れるのは後のことである」

「私が心配しているのは、抗生物質が効かなくなるということだけではない。
それだけではなく、内なる生態系崩壊のために無数の人々が病気に罹患しやすくなる。
そのことを心配しているのである」

この本により「抗生物質」「細菌」に対する認識が大きく変わることに・・・。

これまでの認識は、

「抗生物質」は、病院で気軽に出される薬。

「細菌」は、病気をもたらす怖い存在。

変化後の認識は、

「抗生物質」は、薬として命の危険が迫ったときにのみ飲むべきもの。

抗生物質は、薬としてだけでなく、食べ物の中にも入っていて、気が付かないうちに摂取してしまっている可能性がある。

妻は、肉や卵などの食材について抗生物質不使用のものをずっと選んできていたものの、乳製品は曖昧な部分を感じていたので、この本でもっと注意が必要だと感じているよう・・・。

食の中に含まれている「抗生物質」を避けるために、食材選択の際には、より注意が必要。

そして、体内の「細菌」は、実は大切なパートナー達(ピロリ菌を含めて)だった?

パートナー達のことを、怖い、悪い存在だと思っていたのか?・・・。

常在菌、体内細菌を守ることが、結果として自分の健康、命を守ることにつながる。

現在「食」の「価値観の再創造」をしている自分にとって、指針ともなる1冊。

また、この1冊でコロナへの対応方法を修正。

ウイルスと細菌との関係性についての理解が深まることに。

コロナへの過剰反応が原因で、知らず知らずのうちに、かえって自分の免疫機能としてのパートナーを失うことになってしまうかもしれない。

という警告を与えてくれたという意味においても、重要でタイムリーな一冊。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●アリリタ生活(少欲)