2017年05月27日

「こども保険」より素直に「少子化対策税」でいいのでは?



こんにちは、

セミリタイア研究家


前回記事についてもう少し考えてみます。

「こども保険」といっても

こどものいない人にとっては「税」

こどもがいない人には、

様々な理由があるはず。


「保険」ならば給付の

可能性があるはずですが、

最初から全くないという人がでてくる。

それならば、保険ではなく、

税ではないでしょうか?


つまり「こども税」とか。

あまり良い響きではないですが・・・。

一定の出生率に回復するまでの

限定的な税にして

「少子化対策税」

というのはいかがですか?


しかし、たとえ限定的であっても、

既得権益が発生し

恒常化してしまう可能性は高そう。



消費税は、2019年10月の

10%への増税時には使い道が

決まっているからこれ以上、


上げにくいというものの、


本当に必要ならば、


ごまかしたり、ぼやかしたりせずに


「少子化対策税」として


消費税に上乗せする。


その方が、まだ、徴税コストは安そう。




さらに、既得権益化・恒常化への


防波堤として、


少子化対策を実施した結果、


効果が上がった時点


(目標出生率達成という数値を判断基準)で、


消費税減税すればいい。



「こども保険」にしたら、必ず、恒常化・


既得権益化していくでしょう。




ところで、国は高福祉国家(大きな政府)


を目指しているの?



本当に困っている人に


救いの手をさしのべるが、


基本的には、国民の自立を促す


(小さな政府)ことを


目指すという選択はないのか?



大きな政府と小さな政府


どちらがいいのか?




選択肢のないほうが、


何も考える必要がなく楽だし、


争いもなく、一時的には


平和なのかもしれませんが、




中途半端で、場当たり的に進めていった末


最後にパンクされてしまう


ほうが深刻な事態になりそうです。



国が国民になんでも


やってあげようという


過信が、結局、


国民の自立をさまたげることに


なるし、


一部の既得権益者が益するだけで、


国自身も疲弊することになってしまう。



「こども保険」の議論の行方には


注目です。



最後まで読んでいただきありがとう


ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)

「改正介護保険法」成立したが、次は「こども保険」か?



こんにちは、

セミリタイア研究家


(転載開始)

高齢者に応分負担要求、介護保険法、改正案がきょう成立。

2017/05/26  日本経済新聞 

現役並みの所得がある高齢者が介護サービスを利用する際の自己負担割合を引き上げる介護保険関連法改正案が、
25日の参院厚生労働委員会で与党などの賛成多数で可決した。
26日の参院本会議で可決、成立する見通しになった。
2018年8月から一部の利用者の負担割合が2割から3割に引き上げられる。
 介護給付は高齢化の進展により、介護保険が始まった2000年度の3倍近い10兆円超へ膨らんでいる。

団塊世代が75歳以上になる25年度には今の2倍になる見通し。
利用者の本人負担を増やすことで、介護保険からの出費を抑えるとともに、安易な利用を少なくする狙いがある。
 自己負担を3割にする基準は今後政令で定める。
 単身世帯の場合、年収340万円以上の高齢者が想定されている。
 厚生労働省は12万人程度の利用者の自己負担が増えると予想している。
 介護保険は40歳以上の人が保険料を払う。
改正法案には40〜64歳の保険料が収入に応じて増減する「総報酬割」を今年8月から段階導入することも盛り込んだ。
保険料の支払いが増えるのは収入の多い大企業の会社員らが中心で、中小企業では保険料が下がる場合が多いとみられる。



こども保険検討へ、教育向け新財源、税・拠出金と比較


2017/05/20  日本経済新聞


政府は、教育無償化や待機児童解消などをまかなう新たな財源として、
年金などの保険料に上乗せして徴収する「こども保険」制度の検討に入る。
税金や企業からの拠出金でまかなう案などと比較検討し、
早ければ年内にも方向性を出す。

(中略)

まずは社会保険料を勤労者、事業者とも0.1%ずつ上乗せして徴収。
それによって得られる約3400億円で、児童手当を1人あたり
月5000円増やすことができるとしている。
さらに保険料の上乗せを0.5%まで増やせば、

集まる財源は約1.7兆円。
小学校入学前の子ども約600万人に児童手当を

月2万5000円加算できるため、
幼児教育・保育を実質的に無料にできる計算だ。
最終的には上乗せ率を1.0%まで引き上げ、財源規模を3兆円規模に
増やすことを想定する。

1.7兆円の財源の時の保険料負担は、

年収400万円の世帯で月1200円、
年収800万円で月2500円の計算。


(転載終了)



このところの急ピッチな

介護保険法の修正や今回の

改正介護保険法で分かることは、

国はあまり計画的ではないということ。


もしくは、どこかに

大きな落とし穴があったのか。



2000年にスタート

したばかりの介護保険にも

かかわらず、今回改正したというのは

予測できなかったということ。



生きている日本人は、

確実に毎年1歳上がっていくのだから、

予測しやすいはずでは。



一方、この予測クオリティで

「こども保険」に対応できるのでしょうか?

こどもが誕生する人数を予測するのは

高齢者になっていく

人数を予測するよりも

難しそうな気がするのですが・・・。



こども保険の保険料の使途は

大学無償化も検討しているようですし

爆発的ベビーブームが発生し、

「こども保険」が青天井の保険料になる

可能性は?

大きな落とし穴

(利権・制度の歪み等)が発生し、

保険料が上昇する可能性は?



高齢化の進展で、現役世代は、

高齢者を支えることで

精一杯になっていく時期に

こども保険料の急上昇が重なったら・・・。



また、こどもの総数が増えて

保険金が急上昇したら、

こどもを増やすなという圧力がかかるかも。



つまり、「こども保険」がかえって、

こども抑制圧力になって

しまわないか?



年金に上乗せして徴収するというのも?

結局は、年金に流用・補てん

されたりといったことにならない?

安易な新制度の創設は慎重に。



大きく制度を変えるなら

こちらも検討してみては?

夢の教育費0円社会。



最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2017年05月21日

お年玉付き年賀はがき2等当選品が送られてきて、ホッとした。



こんにちは、

セミリタイア研究家


今年、

お年玉付き年賀はがきの

2等が当選していました。

毎年、年賀状の

やりとりが

少なくなっている中で、

驚きの当選でした。

引っ越し後に

札幌の郵便局で、

申し込みをして

3週間ちょっとで届きました。

Point Blur_20170520_162932.jpg

いろいろな種類の中から

選べたのですが、

妻は、迷わず『メイプルシロップ』

IMG_20170520_152036.jpg

IMG_20170520_152101.jpg

その後、当選品の到着を

首を長くして待っていたようで、

メイプルシロップを使うための

料理の材料もすでに調達済み。

普段はメイプルシロップは

常備しているのですが、

景品の申し込み後は、

在庫が

切れてしまった

にもかかわらず

買っていない様子。



到着を期待している感

全開だったので、

到着して、ようやく

肩の荷がおりました。


最後までご覧いただき

ありがとうございます。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ






posted by エスカルジュニア at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2017年05月02日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2017年3・4月のまとめ

こんにちは、

セミリタイア研究家


「紙の資産」2017年3・4月の結果です。

●3・4月の月間

「紙の資産」の月間目標達成率 0.76 %

 (手数料控除後)

第二ステージまでの目標達成率 13.03 %

『勝率よりも目標達成率重視。

月間の「紙の資産」の

目標達成率100%を目指します。

毎月の目標の他に

中期的な目標を

設定することにします。

その中期的な目標を達成したら

次のステージへ

移行することにします』


内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 -2.6 %

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 117.4 %


●3・4月のトレード

「日本株(手法1)」

トレード回数 7 回

勝ちトレード 5 回

負けトレード 2 回

勝率 71.43 %


●3・4月の振り返りと5月の取り組み

「日本株(手法1)」

3・4月はマイナス。


こつこつ比率(平均利益÷平均損失)

は、0.26と

こつこつドカンされました。

自宅売却、移住のため

トレードは休業状態。

そんな中、5月に証券会社の

トレードシステムを利用にあたり

条件クリアのため、無理やりトレードしたら

案の定、ドカンとやられてしまいました。


移住後の生活・家計のスタイルの見直しを

していく中、紙の資産の取り組みも

変えていこうと思っています。


5月からは、

『第二ステージまでの目標達成率』を主

『月間目標達成率』を従。

と考えていきます。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
2017年05月01日

移住後に居住面積を減らすため、本棚売却と本の大量売却。



こんにちは、

セミリタイア研究家


毎月読んだ本の中で面白かった本について

記録しています。

3月、4月2か月間で2冊。

自宅売却、移住と忙殺され、

ほとんど本を読めませんでした。


ジャンル毎分類(2017年累計)

4月まで累計13冊

●セミリタイア生活 8冊(61.5%)

○真・善・美 6冊

○衣・食・住 0冊

●セミリタイア収入 5冊(38.5%)

○不動産 0冊

○紙の資産 0冊

○ビジネス 5冊


移住後の新居は居住面積を減らすことを

目指したので、本棚は売却し、

本は大量に売却しました。


最後まで読んでいただきありがとう
ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)