2017年01月10日

「流行の本」の良書が「永遠の本」の良書に及ばない2つの理由。



こんにちは、

セミリタイア研究家


本には「流行の本」「永遠の本」がある。


「流行の本」には、良書・悪書がある。

「永遠の本」には、良書・悪書がある。


エスカルジュニアは、本の批評家、専門家

ではありません。

では、そもそも

何をもって良書・悪書というのか?

エスカルジュニアにとっての

良書・悪書の区別は、あくまでも

自分の主観的な価値観からみている

にすぎない。

次に「流行の本」と「永遠の本」の違い。

そもそも本は、「永遠の本」を

目指して書かれるべき。

今も読まれる古典作品は、

少なくとも時代を超えてきている。

そこには、時代を超える、

「何か」があるはず。

それにより「永遠の本」化している。



ところで、自分の主観とは何か?

「日本列島で2017年に生きている人間」

である自分はどんな主観の持ち主なのか?

人間別のざっくりとカテゴリー分けをしてみる。

そのほんの一部

「日本列島で縄文時代に生きていた人間」

「日本列島で江戸時代に生きていた人間」

「ユーラシア大陸で1万年前に住んでいた人間」

「現アメリカに1000年前に住んでいた人間」

「現ヨーロッパに1000年前に住んでいた人間」

「中東で2017年に生きている人間」

「アフリカ大陸で2017年に生きている人間」

同じ人間でも様々な価値観がある(あった)はず。

そう考えると現代に生きている

他の日本人と価値観は、

それほど大きくは違わないだろう。


自分の主観は、

「日本列島で2017年に生きている人間」の

主観と比べて

それほどの違いはないのでは?

それならば、

時空を超えて多くの人が良書と認めてきた、

そして現在日本で古典として認められている

著書の中に

自分にとっての良書が含まれている確率は高い。

(「永遠の本」の悪書は、むしろ自分の個性?)



「流行の本」は、今を生きている人が、

気づきを表現する本。

今を生きている膨大な人の中で、

興味のある人がいる、または、

興味のある話をしている。

その人の話をその人に

直接会えなくても、

本を通してきくことができる。

そういう点では、有益。

今を生きていく技術は、

「永遠の本」よりも「流行の本」に

含まれている確率は高い。

今を生きていく技術「流行の本」に、

今を生きる技術としての良書はある。

ただ、多くの「流行の本」は

流行が移り変わるため、

いつかは役にたたなくなる。

(極端な話、悪書となる)


例外的に「永遠の本」を目指してかかれた

「流行の本」の中には、

「永遠の本」になるものもあるかもしれない。

「永遠の本」にも良書があり、

「流行の本」にも良書がある。



が、

「流行の本」の良書は

「永遠の本」の良書には及ばない。

その2つ理由。

1つは、

「永遠の本」は、

時空のフィルターを通ってきていること

もう1つは、

エスカルジュニアにとって、

「永遠の本」の良書=「セミリタイア生活」

を向上させてくれる本


「流行の本」の良書=「セミリタイア収入」

を向上させてくれる本


「セミリタイア生活」>「セミリタイア収入」

のため (詳しくは、セミリタイア倶楽部HP)

「永遠の本」の良書>「流行の本」の良書

となるから。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。




で夢のセミリタイアを。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ














posted by エスカルジュニア at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2017年01月09日

本選びには、○○○がないと困る。



こんにちは、

セミリタイア研究家


今年は、何故か

年初から「読書ブログ」状態に

なっていて、どうにも止まらなくなって

しまっています。

しばらく止まりそうもありません。



今回は、本選びの情報源について。

100冊の本をどこから探してくるか?

主に次の4つから。

@『良書からの紹介』

A『本屋さんでみて読みたいと思った本』

B『(自分に影響を与えている)

テレビ・人・新聞等から紹介された本』

C『図書館サイトで「キーワード検索」』


これらの中で最も多いのは、

『良書からの紹介』

良書の文中で紹介されていたり、

参考文献で紹介されていたりするものを

すぐに図書館で予約するか、

予約上限に達している時は

手帳の中の「読みたい本リスト」にいれておく。

良書の中で著者がすすめる本の中から、

思わぬ良書=‘「永遠」の本’

出会うことがある。


次に『本屋さんでみて良さそうな本』

『(自分に影響を与えている)

テレビ・人・新聞等から紹介された本』


こちらも、まずは図書館で借りる。

『本屋さんでみて良さそうな本』

『(自分に影響を与えている)

テレビ・人・新聞等から紹介された本』は、

図書館では人気化しているので、

予約しても相当先まで手元に届かないことも多い。

その時に皆が関心を持っているような

タイトルの本が多い傾向。

そういった、‘「流行」の本’は、

予約を待っている間に

興味が失せてしまう場合がある。

そんな場合には、予約を取り消す。

最後に『図書館サイトで「キーワード検索」』

あるテーマを学びたい・調べたいときに、

使う。

また、同じ著者の別の本を探すとき

も「キーワード検索」を使う。

本選びの情報は、これら4つから

得ることが多い。


こうしてみていくと

エスカルジュニアの本選びには、

図書館がとても重要。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2017年01月08日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2017年1月1週の結果



こんにちは、

セミリタイア研究家


「紙の資産」2017年1月1週の結果です。

●1月の月間(6日現在)

「紙の資産」の目標達成率 0.9%
 
 (手数料控除後)

『勝率よりも目標達成率重視。
月間の「紙の資産」の
目標達成率100%を目指します』

内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 0.0 %

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 21.7 %

●今週の振り返りと来週の取り組み

今週、来週は、私用のため

「日本株(手法1)」は、

お休みします。

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
2017年01月07日

本の選び方



こんにちは、

セミリタイア研究家


エスカルジュニアの読書の2大目的は、

「@再創造のきっかけにすること

A読書を通して、学び、楽しみ、実践すること」

そのために、100冊をどう選ぶか。

つまり、本の選定が重要な問題になる。



人生は短い。

短い人生の間でできることは限られてくる。

その間に何ができるのか?



現時点での自己の棚卸と

将来の設計をしてみると

残りの人生で、

できることの少なさに驚く。

人生において、選択が重要であり、

読書において、本の選定が重要である。

一生に間に読める本は限られている。


Aという本を読んだら、Bという本は

読むことができない。

目的としている‘再創造’のきっかけが

得られたとしても、それを実践する

エネルギーがなくなってしまう年齢に

なってしまっていたら・・・。

そう考えると、人生に有益な読書の

時間はさらに限られてくる。


出会いの機会を増やすと同時に

本の選定に気を配る。


しかし、

いくら気を配ってみても

読んでみなけりゃわからない。


では、どうするか。

途中で読むことをやめる。

厳選して本を選ぶが、

途中で読むことをやめることを前提で選ぶ。



「@再創造のきっかけにすること

A読書を通して、学び、楽しみ、実践すること」

につながらない本をいくら読んでも意味がない。

究極的には、なかなか現れないが

@再創造のきっかけにすること

が目的なので、

2冊から選択するときには、

「知らない」ことや「難しい」ことを優先。

そのため、知っていること(考え)しか

書かれていなそうな本は、途中でやめる。

逆に、知識があまりにも

及んでいない‘自分が未熟すぎる’

本も同様に途中でやめる。

そして、翻訳本などの、

訳が意味不明な本。

原著が悪いのか、

訳者が理解しないまま訳しているのか、

自分の理解力が及んでいないのか

分かりませんが、

終わりまで読んでも

著者の意図が、わからなそうな本。

これも途中でやめる。

これらの

読み切らない(途中でやめる)本も

相当数ある。


100冊はふるいにかけられた後の

冊数であり、また

‘途中で読むのをやめる’という

ことを前提にしているので

手あたり次第、買うことはない。


まず、図書館で借りる。

その上で手元にどうしても

置いておきたい本を

買うようにしてきた。




で夢のセミリタイアを。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ













posted by エスカルジュニア at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2017年01月05日

読書の年間目標を100冊にしているワケ。



こんにちは、

セミリタイア研究家


去年は読書の年間目標100冊を

ぎりぎり達成しました。

年間目標に意味があるのかと?


エスカルジュニアの

読書の2大目的は、

「@再創造のきっかけにすること

A読書を通して、学び、楽しみ、実践すること」


年間100冊目標にすることによる懸念は、

目標達成それ自体が目的となってしまうこと。

年末があることで、つい棚卸してしまう。

年末なんてなければいい〜。

と思っていても

100冊まであと何冊?

つまらない本まで読んでしまうかも。

手段が目的になってしまう可能性がある。

本の冊数ではないっ。中身の問題だっ。


でも、何らかの形で

目標設定しないと気持ち悪い。

それならば、

定量的(数値的)指標じゃなく、

定性的(満足度)指標にしよう。

満足度が得られることを指標にしよう。

どうしよう?


そうだ、

試しに読んだ本に5つ星をつけてみよう。

とやってみても

そもそもつまらない本は、

ちょっと読んだだけで、

読み切らないので、読み終える本は、

自然と評価も

4つ星、5つ星となってしまう。

やってる意味あるのか?

では、ブログに満足度の高い本の

読書記録を書くことで

定性化してみようと思って、

月に1冊満足度の高かった

書籍を書くようにしているものの、

記録せず‘自分だけの秘密の本’

にしてしまったりする。

これは、

その本が、自分の今の思考に近い、

つまり自分の脳の裸状態を

みられるような恥ずかしさがあるから。

(エスカルジュニアだけ?)

また、月に満足度の高い本が

数冊あったりすると、

どうしても主観的、相対的な影響からか、

月によって満足度に

差異が生じている気がする。

数値がいいのか、満足度がいいのか?

もう一度

読書の目的はなんだっけと考えてみる。

私の読書の2大目的は、

「@再創造のきっかけにすること

A読書を通して、学び、楽しみ、実践すること」


@自分に‘再創造のきっかけ’

つまり自分を変革させるヒントを

与えてくれる本に出会うことが最重要。

これは、それほど機会は多くない。

A読書を通して、学び、楽しみ、実践すること

これの方が@より機会が多い。

Aの中から、@が生まれることもある。

ならば、中身の濃い本に多く出会いたい。

その中から@につながる本に出会えるかも。


自分を変革してくれる可能性を

極大化するためには、

多くの冊数に触れることが重要。

そのために数値化する。

数値化することで強制力が働く。

そう考えると目標設定は有効なのでは。

中身の問題は、本の選定の問題なので、

そこは別の方法で考えようと。

そんな感じで、

毎年100冊を目標にしています。

届くかどうかくらいの

目標がちょうどいい。

ただ、毎月の怠慢のせいで、

年末に駆け込みで

読まないといけなくなる。

‘師走’は案外こういうことの

しわ寄せからきているのかも。

怠慢な師が多かった?

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)