2016年12月31日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2016年12月5週の結果&12月のまとめと2017年への取り組み


こんにちは、

セミリタイア研究家


まずは2016年12月5週の結果です。

●12月26日〜30日のトレード

○「日本株(手法1)」は、

当日から数日間でのポジション。

トレード回数 1 回

勝ちトレード 0  回

負けトレード 1 回

勝率 0.0 %

●今週の振り返り

「日本株(手法1)」

第4週から今週に

持ち越した1トレードの失敗により

目標達成率、こつこつ比率とも

大きく後退。

課題がまだまだあります。




12月のまとめと2017年への取り組みです。

●12月の月間(30日現在)

「紙の資産」の目標達成率 20.9 %

 (手数料控除後)

『勝率よりも目標達成率重視。
月間の「紙の資産」の
目標達成率100%を目指します』

内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 28.6 %

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 64.8 %


●12月のトレード

「日本株(手法1)」

トレード回数 18 回

勝ちトレード 14 回

負けトレード 4 回

勝率 77.78 %

●12月の振り返りと1月の取り組み

12月は目標未達成。


「日本株(手法1)」

勝率は77.78%と前月から改善

するものの、今度は

こつこつ比率(平均利益÷平均損失)

は、前月の0.84から0.52に悪化。

勝率と、こつこつ比率のせめぎあいが

続いています。


2016年、紙の資産では、「負けない癖」を

つけることを優先としてきました。

2017年は一歩進めて、

「負けない癖」に加え、

月間の「目標達成」するには

どうするかを課題にしていきたいと

思います。



今年はありがとうございました。


来年もよろしくお願いいたします。





で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
2016年12月29日

「読書」から思う、現代日本に生きていることの幸運。



こんにちは、

セミリタイア研究家


2016年は、本との出会いに恵まれました。

求めていた問いに対するヒントとなる

本が数冊現れてくれました。


「読書」から思う、

現代日本に生きていることの幸運。


様々な本を読むことができるのは、

思想・科学を発展、進化、

再構築し、言語化してくれた人がいるから。


現代日本語を通して、

洋の東西の書物を読むことができる。

それは、翻訳してくれた人がいるから。

古典を読むことができる。

それは、現代語訳してくれた人がいるから。

複合技として、

他国の古典を読むことができる。

それは翻訳そして現代語訳を

してくれた人がいるから。

そのため、現代日本語の理解力で

様々な国の、様々な時代の

考え方に触れることができる。


あえて自力で、他国の全ての

外国語、古語を学ばなくてもいい。


これらの人たちの

好奇心・努力・対話のおかげで、

これら「知の資産」に

手軽にアプローチできる。


そして、発展したインフラにより

本がすぐ近くに沢山ある。


また

多くの賢人たちにもまれて、

「原理」化している思想、法則があり、

その「原理」化している

思想、法則から思考をはじめられる

ということは、近道ともいえる。

これらの幸運に感謝。


ただ、手軽にアプローチできるという

便利さの反面、

「疑う」ことも必要なのでは。


翻訳そして現代語訳が

元の概念との違いから

今の日本人仕様になっていたり、

翻訳、体系化の作業が、

誘導的に行われていたり。


そもそも、

科学技術、思想が進展している

のにも関わらず、

多くの人たちが「幸福」でないならば、

そもそも、

「原理」に間違い・ずれがあるのでは。

とか。


来年も、

現代日本に生きていることの

幸運を感じつつ、

一方で疑いつつ

読書をしていきます。


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。



で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2016年12月25日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2016年12月4週の結果



こんにちは、

セミリタイア研究家


「紙の資産」2016年12月4週の結果です。

●12月の月間(23日現在)

「紙の資産」の目標達成率 39.2%(前週比+12.0%) 

 (手数料控除後)

『勝率よりも目標達成率重視。
月間の「紙の資産」の
目標達成率100%を目指します』

内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 57.1 %(前週比+18.8%)

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 68.3 %(前週比+0.2%)


●12月19日〜22日のトレード

○「日本株(手法1)」は、

当日から数日間でのポジション。

トレード回数 8 回

勝ちトレード 8 回

負けトレード 0 回

勝率 100.0 %


22日時点で

次週へ持ち越しのポジション 1。


○「日本株(手法2)」は、

新規ポジション建て、決済ともになし。

○「FX」は、2つの売買手法。

「FX(手法1)」と「FX(手法2)」

どちらも長期ポジションで

インカムゲイン(スワップ)狙い。

●今週の振り返りと来週の取り組み

「日本株(手法1)」は、

月間勝率は、82.35%

「こつこつ比率」(平均利益÷平均損失)

が5.87。

(数値が1以上なら「こつこつ」が

うまくいっていて、

数値が0に近いと「こつこつドカン」

してしまっている)

今週は勝率が100%だったため

月間の勝率は上昇し、逆に

1トレード当たりの

利益額が小さかったため

「こつこつ比率」(平均利益÷平均損失)は

低下。

「FX」は月間では

損失にはなっていないものの

不安定な状況なので、

損失になる前に対応が必要。


最後まで読んでいただきありがとう

ございました。




で夢のセミリタイアを。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ














posted by エスカルジュニア at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
2016年12月21日

セミリタイアしている今考える、『ギブ&テイク』。



こんにちは、

セミリタイア研究家


2016年もあと10日

あまりになってきました。

年末は、人付き合いにおいて、

1年を振り返る機会

(お歳暮、年賀状、忘年会等)が多いですね。

今回『ギブ&テイク』について

考えてみたいと思います。


ギブ&テイクは仕事で使われることが

多いと思いますが、もう少し

範囲を広げてみます。


ギブ&テイクの素:

情報、知識、知恵、知性、

経済、手間、技術、仕事、取引、交換、奉仕、

愛、信等(これらの複合)


○生まれてから働き始めるまで:

テイクがほとんど『テイク&テイク』


○働き始めると:

少しつつギブが増えていく『テイク&ギブ』


○ある程度の年齢:

ギブの方が大きくなる『ギブ&テイク』


今の自分、『ギブ&テイク』を切り口に、

棚卸してみるとトータルで

ギブが多いのか、それともテイクが多いのか?

お付き合いの中において、

目ではみえないものの

あっちの関係では、ギブ過多

こっちでは、テイク過多

そっちでは、ギブとテイクが均等

といった具合。

そもそも、生きていけているということは、

テイクがあるから。

今、余裕があるのなら、それはテイクの方が

ギブより多かったからなのかもしれません。

個々の判断において、

ギブ&テイクと思いながら、ギブをするのも

大きなテイクを期待していたり、

テイク過多かと思っていたら、

いつの間にかギブ過多になっていたり、

ギブ過多だと思っていたら、

テイク過多になっていたり。

また、時にはテイクが必要に。

そんな時は『助けてもらう』

場面もあるかも。


年を重ねていくにつれて

ギブの比重を高めていきたいものです。


セミリタイアの環境にいる今

すくなくとも、テイク&ギブではなく、

ギブ&テイクの順番を意識したいと思います。



将来は、テイクを期待しない、

ギブ&ギブに近づければいいなあ。

ただ、ギブしすぎて自分が

『ギブアップ』(笑)

してしまうのも困りもの。

ギブ&テイクにも

棚卸、倹約(経済的、精神的)も必要かも。





で夢のセミリタイアを。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ














posted by エスカルジュニア at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?
2016年12月19日

幸福になるために逃げることが簡単になった?



こんにちは、

セミリタイア研究家





で、幸福(苦悩のない状態)になるために

1、自己を変える。

2、周囲を変える。

3、周囲から逃げる。

の3つの手段があるとしました。


日本史、世界史を眺めていると感じるのは、

社会体制等により、昔の人達は、

職業、身分、行動範囲が縛られていたので、

幸福(苦悩のない状態)になるために

1、自己を変える。

2、周囲を変える。

3、周囲から逃げる。

の内の

3、周囲から逃げる。

は現代より

難しかったのではないでしょうか?


そのため、昔の人が

幸福(苦悩のない状態)になるためには

1、自己を変える。

2、周囲を変える。

ことを必死に考えざるを得なかったの

かもしれません。

そのために必要なのが、

宗教、哲学、道徳なのでしょうか?


現代は、

3、周囲から逃げる。

ことが昔より容易にできるため、

幸福(苦悩のない状態)になるためには

少し有利になったものの、

一方で、

現代は

1、自己を変える。

2、周囲を変える。

ことを必死に考えることが

昔より減ってしまって

いるのかもしれません。


必死に考えなくなってしまった結果として、

なにが幸福(苦悩のない状態)なのか

よく分からなくなってしまっている。

幸福(苦悩のない状態)について

昔の人たちから

学ぶべきことはたくさんありそうです。

最後まで読んでいただきありがとう


ございました。


で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○セミリタイアとは?