2016年11月27日

セミリタイア生活に打撃をあたえる2018年国保問題。都道府県移行後。



こんにちは、

セミリタイア研究家




では、

運営主体が

市町村から都道府県になる2018年度に

自営業タイプのセミリタイア生活の場合

(もちろんセミリタイアでなくても)

大きく国保料が増減するかも。

と書かせていただきましたが、

今回は、さらにその後の問題について。

(転載開始)

国保への財政支援先行実施、政府、19年10月の消費増税前に、保険料上昇を抑制。
2016/11/23  日本経済新聞

消費税率が10%に引き上げられた場合に実施予定だった
一連の社会保障充実策について、政府の対応が固まった。
国民健康保険への財政支援は
19年10月の再増税を待たずに先行実施し、
加入者の保険料上昇を抑える。
ただ、当初予定していた1700億円の財源捻出は難しく、
支援規模を地方側と調整する。
低年金者向けの年最大6万円の給付や
介護保険料の軽減措置などは見送る。
月内にも全国知事会など地方側と協議に入り、
来月下旬に閣議決定する2017年度予算案に反映する。

 (中略)

焦点になっていた国保支援を巡っては、
財源を子育て支援に優先的に回すため
いったん見送る方向になっていた。
だが全国知事会などが国保への支援金を
予定通り実施するよう強く要求し、
政府も方針を転じた。

国保は18年度に運営主体を市町村から
都道府県に移すことが決まっている。
医療費急増や失業者増などで財政負担が重くなった
自治体を支援しないと保険料が上昇しかねないためだ。

17年度に1700億円の支援を実施すれば、
加入者1人あたり最大で
年1万円程度の保険料軽減につながる計算だ。
ただ一部財源は子育て施策などに取られるため
当初予定額をひねり出すのは難しい。
地方側は17年度に「満額回答」を求めており、
年末にかけて調整は難航する見通し。

政府内には減額分を18年度以降に
充当する案も浮上している。
他の充実策である低所得者の
介護保険料を年1万3200円軽減する措置や、
低年金者に最大年6万円を給付する施策は
17年度は見送る。

社会保障の充実策には雇用保険への
国庫負担繰り入れ分といった
景気回復による一時的な財源も充てている。
先行実施した充実策を恒久的に継続するのは難しく、
再増税などの大がかりな財源の手当が必要となりそうだ。

(転載終了)

この記事によると

全国知事会などが国保への支援金を

実施するよう要求し、

政府も方針を転じた。

それは、医療費急増や失業者増などで

財政負担が重くなった自治体

を支援しないと

保険料が上昇しかねないため。



2018年度の国保料の増減の後

に待っているのは、

「国税の再増税」の可能性。




シンプルに、国保の運営主体を国にして、

全国統一料金にしたら?


運営主体が都道府県になると


県平均として

「高齢者、失業者の多い県は高く」

「高齢者、失業者の少ない県は安く」

なる。


ならば、人口を増やしたい

都道府県の秘策を考えてみました。


(妄想開始)

高齢者、失業者を追い出し、

「国保日本一安い都道府県」

にするという作戦。

そのうち、

都道府県間の国保値下げ競争が勃発?

国保以外の住民サービスを犠牲にしてまでも。

(国家間の法人税率引き下げ競争も同じ構図)

でも、

「国保日本一安い都道府県」の噂が広まると、

他県から再び、高齢者、失業者が押し寄せ、

財政ピンチに・・・。

(妄想終了)



国保だけで、居住地を選ぶという

わけではないと思いますが、

住民構成によって、都道府県平均での

国保料の違いが発生するならば、

国保の負担の大きさから、

都道府県レベルでの

過疎化、集中化が促進していく

かもしれません。


そんなことになる前に運営主体を国に。


ただ、全国統一料金にした場合の問題点は、

過疎の街では、医療施設が近くにないのに、

医療施設の多い首都圏の街と同じ料金?


国保全国統一料金体系のもと

国が地方活性化を進め、

人が全国にばらければ、医療施設も分散し、

平均化していくかもしれませんし〜。

そもそも、地方自治体ごとで、

行政サービスに差があっても、

国税、地方税は全国統一基準だし〜。

国保の運営主体変更の他、

先日、サラリーマンが加入する

健康保険組合、協会けんぽ等

の介護保険料の変更の

報道もありましたが、

これらは、周知の通り、

少子高齢化や、薬価の上昇、医療費上昇

といったことにより、

「国民皆保険」の運営コストが

上昇しているため。

国保の収入(徴収)面からの

アプローチよりも

国保のコストをどう抑えるのか

といった支出面がより重要。



退職者・高齢者が増えれば、

国保の運営はどんどん厳しくなる。

小手先の修正ではなく、

全体を見直さなければ、

その支出の増加は、青天井に?



都道府県が運営主体で、

対処療法的に国が支援する

(=国の負担=増税)といったことで大丈夫?



そのためには、国保も国が運営主体がいいのか、

都道府県が運営主体でいいのか?




セミリタイアに影響の大きい、

国保の今後の行方については、

気にしていきたいです。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 08:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2016年11月26日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2016年11月4週の結果



こんにちは、

セミリタイア研究家


「紙の資産」2016年11月4週の結果です。


●11月の月間(25日現在)

「紙の資産」の目標達成率 53.0%(前週比+19.3%) 
 (手数料控除後)

『勝率よりも目標達成率重視。

月間の「紙の資産」の

目標達成率100%を目指します』




内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 78.8 %(前週比+28.8%)

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 62.2 %(前週比+21.8%)



●11月21日〜25日のトレード

○「日本株(手法1)」は、

当日から数日間でのポジション。

トレード回数 7 回

勝ちトレード 5 回

負けトレード 2 回

勝率 71.4 %


25日時点で

次週へ持ち越しのポジション 0。



○「日本株(手法2)」は、

新規ポジション建て、決済ともになし。


○「FX」は、2つの売買手法。

「FX(手法1)」と「FX(手法2)」

どちらも長期ポジションで

インカムゲイン(スワップ)狙い。



●今週の振り返りと来週の取り組み


「日本株(手法1)」は、

「こつこつ比率」(平均利益÷平均損失)

が0.62と先週時点の0.44から上昇。


(数値が1以上なら「こつこつ」が

うまくいっていて、

数値が0に近いと「こつこつドカン」

してしまっている)



残り3営業日なので、

月間の目標達成は難しそう。

月間目標達成のためには、

「日本株(手法2)」に

取り組む必要がありそうです。

来月の課題です。





バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
2016年11月24日

セミリタイア生活に打撃をあたえる2018年度、国保問題。



こんにちは、

セミリタイア研究家



サラリーマンを辞めると

国民健康保険に移行する人が

多いと思います。


セミリタイアしている人の多く

(もちろんエスカルジュニアも)は、

国保ではないでしょうか?


2018年度から、国保の運営主体が

市町村から都道府県に

移行することに・・・。


(転載開始)

2016/11/05  日本経済新聞

国保料の格差是正、道試算、18年度以降、運営主体移行で。


北海道は自営業者などが

加盟する国民健康保険(国保)の

2018年度以降の保険料について、

各市町村ごとに分けた試算結果を公表した。


同年度から

国保の運営主体が

市町村から都道府県に

移行することを受けた。


モデル世帯

(所得200万円・夫婦2人)の場合で

保険料の上昇率が最も高いのは幌加内町で、

16年度比2・3倍だった。

下落率が最も高いのは

同33%減の天塩町だった。



モデル世帯での保険料が最も高いのは

増毛町の43万5600円、

最も低いのはニセコ町の

33万4700円だった。



格差は約10万円で、

16年度の最高額(天塩町)が

56万9600円、

最低額(幌加内町)が16万5600円と

格差が約40万円なのと比べると

4分の1に縮まる。



保険料が増加するのは93市町村、

減少するのは82市町村だった。


国保の運営主体を都道府県に移す背景には、

財政基盤を大きくすることで安定運営を

確保する狙いと、医療費や所得水準の

違いから各市町村ごとにばらつきが

大きい保険料を平均的な水準に

近づける目的がある。



ただ、運営移行後も保険料の決定権は

市町村に残る。



道による試算額は参考値との位置づけだ。


(転載終了)


この記事によると、

16年度 天塩町民

(所得200万円・夫婦2人の世帯)は

国民健康保険を

56万9600円払っている。

18年から39万円位になる。

(16年度比33%減)



16年度 幌加内町民は

国民健康保険を

16万5600円払っている。

18年から38万円位になる。

(16年度比2.3倍



もし、幌加内町でセミリタイアしていたら

(所得あり・国民健康保険の場合)

年間22万円弱の社会保険料アップ


また、天塩町でセミリタイアしていたら

(所得あり・国民健康保険の場合)

年間18万円弱の社会保険料ダウン。

ということ。


ふーん、大変だなー北海道の人は。

などとのんびりしているわけには

いきません。


国保の運営主体が18年度に

市町村から都道府県に

移行することによる。


全国レベルの話。



今払っている国民健康保険が

都道府県平均より低ければ、高くなり

都道府県平均より高ければ、低くなる。


ということだと思うのですが・・・。


ただ、

保険料の決定権は市町村に残る。

道による試算額は参考値との位置づけだ。


ということなので、

高いところは高いまま。

低いところは高くする。

ということがおきなければいいのですが。



2018年度に

自営業タイプのセミリタイア生活の場合

(もちろんセミリタイアでなくても)

大きく国保料が増減するかも

しれません。




エスカルジュニアは、移住を検討して

います。

現時点でも、居住する市町村によって

支払う国民健康保険料が大きく違うため、

(上記記事のケース、

幌加内町と天塩町の間では

年間40万円の差)

移住先の検討の際に

国保は大きなウエイトを

占めています。


都道府県に移行した場合の

国保の運営が、不透明ならば、

移住地により、

国保の金額がどれほど

変わっていくのだろうか?

(現在より減ることはなさそう)

といった2018年度の

不安要素があるため、

もし

2017年度に移住したとしても、

暫定的、流動的になるかも。




バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 07:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2016年11月20日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2016年11月3週の結果



こんにちは、

セミリタイア研究家


「紙の資産」2016年11月3週の結果です。


●11月の月間(18日現在)
 

「紙の資産」の目標達成率 33.7%(前週比+18.3%) 
 (手数料控除後)


『勝率よりも目標達成率重視。

月間の「紙の資産」の

目標達成率100%を目指します』


内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 50.0 %(前週比+29.8%)

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 40.4 %(前週比-12.1%)


●11月14日〜18日のトレード

○「日本株(手法1)」は、

当日から数日間でのポジション。

トレード回数 6 回

勝ちトレード 6 回

負けトレード 0 回

勝率 100.0 %

18日時点で

次週へ持ち越しのポジション 1。


○「日本株(手法2)」は、

新規ポジション建て、決済ともになし。

○「FX」は、2つの売買手法。

「FX(手法1)」と「FX(手法2)」

どちらも長期ポジションで

インカムゲイン(スワップ)狙い。



●今週の振り返りと来週の取り組み


「日本株(手法1)」は、

勝率は今週100%だったため、

先々週から上昇し、

月間での勝率は80%。

勝率は良かったものの、

「こつこつ比率」(平均利益÷平均損失)

が0.44と先々週時点の0.66から悪化。

(数値が1以上なら「こつこつ」が

うまくいっていて、

数値が0に近いと「こつこつドカン」

してしまっている)

「こつこつ比率」の悪化の要因として、

週の前半で、

タイミングがあわなかったため、

利益を出すことでタイミングをあわせていこう

として利益確定を早めてしまっていたから。

金曜日の前場で入ったポジションが

後場で動かなくなってしまったため

来週に持ち越しとなってしまいました。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 07:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産
2016年11月13日

セミリタイア夫婦の「紙の資産」2016年11月2週の結果


こんにちは、

セミリタイア研究家


「紙の資産」2016年11月2週の結果です。


今週は、7日〜11日まで

神戸・淡路島へ旅行中だったため

「紙の資産」は、お休みしていました。



●11月の月間(11日現在)

「紙の資産」の目標達成率 15.4%(前週比+1.8%) 

 (手数料控除後)


『勝率よりも目標達成率重視。
月間の「紙の資産」の
目標達成率100%を目指します』


内訳

「日本株(手法1)」の目標達成率 20.2 %

「日本株(手法2)」の目標達成率 0.0 %
 
「FX」の目標達成率 52.5 %(前週比+36.3%)


●今週の振り返りと来週の取り組み

今週は、「FX」のスワップポイントが

やや改善していました。

もう少し様子を見ていこうと

思っています。

来週から「日本株(手法1)」を

再開していきます。


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○紙の資産