2015年04月30日

セミリタイアしながら考える今後・・・。


こんにちは、エスカルジュニアです。

エスカルジュニアは、元サラリーマン。

その頃は、

首都圏のベッドタウンから首都圏の勤務先に

通勤するといった生活でした。



都市で生活していると、

何かに追われる日々。

限られた時間内で商品やサービスを

選ぶ判断をすると

つい、

より便利・より効率的・より安価な

商品・サービスを求めてしまう。

その結果、何か大切なものを

失ってしまっているのでは。

その商品・サービスには

どういった背景があるのか?

その商品・サービスを

提供する企業の姿勢はどうなのか?


その商品・サービスを選択することで、

失われるものは何なのか?

といったことを日々の買い物の時に考える。

そういった日々の選択を通じて、

日本の企業・伝統・文化を

応援していくような

また、

自然と共生していけるような

選択をするよう努力する。

その結果として、

日本の製造業・企業を応援し、

伝統を引き継いでいく。



また、自然と共生し、

持続可能な社会について考える。

エスカルジュニアの目標は、

セミリタイアで空いた時間を

そういったことを考える時間に

充てていくこと。



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ



で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2015年04月29日

セミリタイア夫婦の実家に行って・・・。

こんにちは、エスカルジュニアです。

実家に行くと感じることについて。

エスカルジュニアは首都圏に住んでいます。

生まれた街も首都圏のベッドタウン。

生まれた街もどんどん開発が進んでいます。

気がつくと、昔遊んでいた、田んぼや池など

なくなってしまっています。

子供のころは、おたまじゃくし、

ざりがに、ほたる、めだか等も

近くの田んぼや沼、用水路等で

見ることもありました。


開発が進み、便利になっていく一方、

自然や、先人たちが苦労して開墾してきた

田んぼ、畑等が失われてきています。

同時に、自然とともに生きる知恵なども

失ってしまっているのではないでしょうか?


都市化の進展とともに、

生活はどんどん

自然から切り離されていく。

その結果、作物をどう育てるのか、

どうやって魚をとるのか等、

といった、人間が生きていく上での必要な

知恵、能力が低下している。

というより必要性がなくなっている。


そのため、自然からの恩恵を

感じる機会が減り、自然とどう

バランスをとって人が生きていけば

いいのかわからなくなって、


経済活動を目的に

自然や先人からの引き継がれた物を壊す。


日常の便利さを追い求めて、

気がつくと

大切な物がなくなっていく。



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ



で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2015年04月28日

セミリタイアにはいくら必要?セミリタイアへの道をひらく。

こんにちは、エスカルジュニアです。

脱サラして起業して、

すぐに厳しい生活に追い込まれたため、

生活費を圧縮したことにより、

セミリタイアへの道筋ができました。


でも、その当時、

セミリタイアの道筋ができていたなんて

夢にも思っていませんでした。

日々の生活にいっぱいだったので・・・。

再び、苦しい生活に戻りたくない、

あんなつらい思いはご免だ。

と、

がむしゃらに働き続けました。



そして、少し余裕資金ができると

賃貸用の不動産購入。

また、働いて余裕資金ができると

不動産購入。

と繰り返していくと。

もしかして、それほど働かなくても

生活できる?

今の生活水準でなら、セミリタイア生活が可能かも。

と気がついたんです。



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ



で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介
2015年04月27日

●セミリタ本棚

セミリタ本棚とは?

 記事の中でご紹介させていただいた本を並べています。

 「セミリタ本棚」では記事中の商品を
  新着順に展示させていただいております
 !ご注意!
 (販売の終了している場合もあると思いますがご容赦ください。)
 (私達夫婦の独断と偏見により読んでいる本のため、
  これらを使えば必ずセミリタイアができるといったことを
  補償するわけでは決してありません。)
 (アフィリエイトプログラムのため、ご購入後のお問い合わせ等は
  ご購入店あてにお願いいたします。)

●本 







































「日本事物誌 1」(表紙の画像なし)




 










 






 





 





 


 



 

































posted by エスカルジュニア at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ本棚

セミリタイアにはいくら必要?セミリタイアしやすくする方法。

こんにちは、エスカルジュニアです。

私は35才で起業した時には、

とてもセミリタイアとは程遠いスタートでした。

日々の生活費にも困る状態になりました。


でも、この経験がセミリタイアできる

きっかけだったんです。

本当に、人生

何がきっかけになるかわかりませんね。


それまでの安定した生活費を、

起業後は、限界までそぎ落とすことに。

今振り返ると、

この時の壮絶体験が必要でした。



サラリーマンのままでは、

これほどの生活の矯正は無理だったと思います。

これによりセミリタイアへの道筋ができたのです。

前回記事の

例では、年間生活費1000万円の時には、

40才夫婦2人でセミリタイアするには、

びっくりの2億5000万円が必要に。

しかし

例えば生活費が

年間150万円ならばどうでしょう?

40才夫婦2人でセミリタイアするには、

年金が出る65才までの25年間

そのままの生活を

維持していくには

3750万円で足りる。


(問題は、国が、インフレに向けて

動いているので、

物価上昇を考慮して

いかなければなりませんが。


今サラリーマンなら、

物価上昇により賃金の上昇も

考えられるので、

物価上昇が怖い人は

セミリタイアではなく、

サラリーマン継続もあり?)


年間生活費150万円で

生活できる状態になっていれば、

65才で年金受給後

(年金制度の改悪をするかもしれませんが)

もそれほど心配いらないかも。



バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ



で夢のセミリタイアを。
posted by エスカルジュニア at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ○自己紹介