2019年03月02日

「死についてあらかじめ考えることは、自由について考えることにほかならない」



こんにちは、

セミリタイア研究家


毎月読んだ本の中で面白かった本について
記録しています。
2月は6冊読みました。

ジャンル毎分類(2019年累計)
2月まで累計16冊

●自由な生活(余暇)2冊(12.5%)
●真善美愛 8冊 (50%)
  ○課題図書 3冊
●人類の生長のための活動 6冊 (37.5%)

今年新たに設定した月1冊の課題図書は下記。

1、「ファウスト」ゲーテ  × 第一部・第二部2冊(1月)
2、「ゲーテとの対話」エッカーマン
3、「哲学史」ヘーゲル
4、「資本論」マルクス
5、「パンセ」パスカル
6、「エセー」モンテーニュ 1
7、「方法叙説」デカルト
8、「エティカ」スピノザ
9、「純粋理性批判」カント
10、「桜の園」チェーホフ
11、「聖書」
12、「歎異抄」

2月は、この内の6、エセー(1) [ ミシェル・エイクム・ド・モンテーニュ ]を読みました。

「どこで死が待ちかまえているのか、定かでないのだから、こちらが、いたるところで待ち受けよう。
死についてあらかじめ考えることは、自由について考えることにほかならない。
死に方を学んだ人間は、奴隷の心を忘れることができた人間なのだ。
いのちを失うことが不幸ではないのだとしっかり理解した者にとっては、生きることに、何の不幸もない。
死を学ぶことで、われわれは、あらゆる隷属や束縛から解放されるのである」

勉強の目的であるはずの知っているとか、知らないとかはなんなのか?
勇気、節制、正義とは何なのか?(中略)、放縦と自由とのあいだには、いかなる差異があるのか?
人はいかなるしるしによって、本当の確実な満足を見分けるのか?
死や苦痛や恥辱をどのくらいまで恐れるべきなのか?

「人生は短いのに、なぜ、それほどたくさんのことにやっきになるのか?」

「よれよれのぼろを着ても、がまんができて、人生の有為転変にもきちんと合わせられて、ひとり二役をしっくり務められる人を、私は称賛したい」

「<その勉強を、学問の披瀝ではなく、生活の規則として考えている人間か、そして自分自身に自分の原則に従う人間か>が問題なのです。
生活の流れこそ、われわれの思考の本当の鏡なのであります」

「・・・。それを信じてもらうべきものとしてではなく、自分の信じるものとして提示しているわけですわたしが目標としているのは、もっぱら、自己を発見することで、その自己が、なにかを新たに学んで変わるなら、明日は別の人間になっているかもしれません

「各人の心の奥を探ってみるならば、われわれの願いの大部分が他人を犠牲にすることで生まれ、はぐくまれていることに気づくはずだ
こんなことを考えていて、わたしはふと、自然というものは、こうした点に関しても、その普遍的な秩序に背馳していないのだと思ったのである。
というのも、自然哲学者たちは、各事物の生誕、発育、増加は、他の事物の変質や腐敗にほかならないと主張しているのだから」

「・・・したがって、それぞれのことがらの偶有性や状況から引き出される困難ゆえに、はたして何が最適なのかを見きわめて選択することができずに優柔不断となり、途方に暮れてしまうようなときに、もっとも確実なのは、たとえ、それ以外の考察からは、そうするように導かれなくても、とにかく名誉と正義が多い側を選ぶことだと思う
そしてまた、どちらが近道か見当がつかないというのなら、いつもまっすぐな道を選ぶことだと思う



このエセー、2月は、1を読んだだけですが、7まであります。

なので、エセーはまだまだ続く。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ





posted by エスカルジュニア at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2019年03月01日

セミリタイア夫婦の2019年2月の家計の結果。


こんにちは、

セミリタイア研究家


セミリタイア夫婦の我が家の
2018年2月の家計の結果を発表します。
その結果は、

   ↓

   ↓

   ↓

純資産先月比プラス 4,855円

『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、
月末に純資産
(円、米ドル、豪ドルベース)の
トータルを集計して、
先月対比で比較。
そして家計簿をつけて
毎月の収支をみながら
大きな変化に機動的に対応する』

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ




posted by エスカルジュニア at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ家計
2019年02月02日

課題図書の効果。



こんにちは、

セミリタイア研究家


毎月読んだ本の中で面白かった本について
記録しています。
1月は10冊読みました。

ジャンル毎分類(2019年累計)
1月まで累計10冊

●自由な生活(余暇)0冊
●真善美愛 5冊 (50%)
  ○課題図書 2冊
●人類の生長のための活動 5冊 (50%)

今年から始めた年間12冊の課題図書。
課題図書を設定した理由は、重要と考えている本にもかかわらず、いつかは読もうと思っているものの、いつまでも読まない自分に重い腰をあげさせるため。
まずは、月1冊位のペースで試してみることに。
ちなみに設定した課題図書は下記。
決意表明の意味で、公表。

1、「ファウスト」ゲーテ 
2、「ゲーテとの対話」エッカーマン
3、「哲学史」ヘーゲル
4、「資本論」マルクス
5、「パンセ」パスカル
6、「エセー」モンテーニュ
7、「方法叙説」デカルト
8、「エティカ」スピノザ
9、「純粋理性批判」カント
10、「桜の園」チェーホフ
11、「聖書」
12、「歎異抄」

1月は、この内の

ファウスト伝説をベースにゲーテがその全生涯をかけて描いたもの。
「古代ギリシャの、或いは中世ドイツらしい、或いはまた近代の諸相が入り乱れて描き出されている」
「1831年7月22日の日記にゲーテは『主要な仕事を成し終えた』と記し、
このころまた、秘書エッカーマンに対しては、完成して綴じこまれた第二部の原稿を前にしながら、『私の今後の生活は、全くの贈り物のような気がするもはや何をしようとしまいと結局問うところではない』と語って無上の喜びと感慨をもらした」

エスカルジュニアの2019年の、自己への請願は「幸福=自由な生活+真善美愛+人類の生長のための活動」
ファウストが求めていくのがエスカルジュニアの請願である、まさに、「自由な生活+真善美愛+人類の生長のための活動」であるなあと・・・。

今年から始めた課題図書の最初の本で「ファウスト」に出会えたというのは、『全くの贈り物のような気がする
まるで、ファウスト、あるいは、ゲーテのごとく生きろといわれているようだ。
この1冊目で早くも課題図書設定の目的は達成できたといえるかも。
次の課題図書に新たな出会いを求めて進もうと思います。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)
2019年02月01日

セミリタイア夫婦の2019年1月の家計の結果。



こんにちは、

セミリタイア研究家


セミリタイア夫婦の我が家の
2018年1月の家計の結果を発表します。
その結果は、

  ↓

  ↓

  ↓

純資産先月比マイナス 35,345円

『エスカルジュニア宅の家計管理手法は、
月末に純資産
(円、米ドル、豪ドルベース)の
トータルを集計して、
先月対比で比較。
そして家計簿をつけて
毎月の収支をみながら
大きな変化に機動的に対応する』

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ家計
2019年01月14日

2019年読書方針(月1冊の課題図書計画)



こんにちは、

セミリタイア研究家


2017、18年と2年続けて年間100冊の読書目標が未達だったので、2019年は100冊達成したい。

そして、2019年に読む本をどう選んでいくかについて考えてみる。

2018年に読んだ62冊を振り返ると
●セミリタイア生活 60冊(96.8%)
○真・善・美 39冊
○衣・食・住 21冊
●セミリタイア収入 2冊(3.2%)
○不動産 0冊
○紙の資産 0冊
○ビジネス 2冊
といった具合に「セミリタイア生活」関連の本が圧倒的に多かった。

その理由としては、札幌移住の結果、アーリーリタイアが視野に入ったことにより、
「セミリタイア収入」に関連する本への関心が薄れたのかも。
また、自己に課す、そして社会に願う請願として
「幸福=自由な生活(余暇)+真善美愛+人類の生長のための活動」
を立てたために自然とそちらを向いて選んでいるのだろう。

「セミリタイア生活」「セミリタイア収入」といった区分けの必要性が薄れてきた。
なので、この「セミリタイア生活」「セミリタイア収入」といったジャンル分けを2019年はやめる。
2019年は、自己への請願である「幸福=自由な生活(余暇)+真善美愛+人類の生長のための活動」をベースとした本選びをする。
そのため、ジャンル分けを
●自由な生活(余暇)
●真善美愛
●人類の生長のための活動
の3つで行うことにする。

さらに、読む本をもっと戦略的に選んでいくことにする。
これまで、「読みたい本リスト」を作り、そのリストの中から次に読む本選びをしているのだが、関心の強いものから順に選んでしまう。
そのため、「読みたい本リスト」の中には、読みたいけれどもつい後回しにしてしまうため、いつまでも読まれないままといった本もでてくる。
この「読みたい本リスト」の中にあっても時間の経過とともに関心がなくなっていく本は、リストから消えていくのだが、消えずに残っている本もある。
これら残っている本は、重要と考えているものの、他のすぐに読みたい本に先を越されてしまいなかなか読まれない本だ。
おそらく、今のままでは、いつまでも読むことがないだろう。
ということで、2019年は「読みたい本リスト」の中にいつまでも残っているこれらの本を課題図書として、毎月強制的に読んでいくことにする。
必ず読むためにも、その「読みたい本」を宣言しておくことにする。

今年はまず「●真善美愛」ジャンル12冊。
月1冊の課題図書だ。
1、「ファウスト」ゲーテ
2、「ゲーテとの対話」エッカーマン
3、「哲学史」ヘーゲル
4、「資本論」マルクス
5、「パンセ」パスカル
6、「エセー」モンテーニュ
7、「方法叙説」デカルト
8、「エティカ」スピノザ
9、「純粋理性批判」カント
10、「桜の園」チェーホフ
11、「聖書」
12、「歎異抄」

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

で夢のセミリタイアを。

バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)こちらもどうぞ







posted by エスカルジュニア at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●セミリタ生活(少欲)